赤玉はら薬の効能・用量・副作用など

赤玉はら薬の特徴

赤玉はら薬は,様々な原因によって起こる下痢症状を和らげて,おなかの調子を整える和漢薬成分が中心のお薬です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 丸剤 
製造会社 中央薬品
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   アクロミンカプセルA   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め  



赤玉はら薬の効能・効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便

赤玉はら薬の用法・用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:10粒:食前に3回
11歳以上15歳未満:7粒:食前に3回
8歳以上11歳未満:5粒:食前に3回
5歳以上8歳未満:4粒:食前に3回
3歳以上5歳未満:3粒:食前に3回
3歳未満:服用させないでください。
(食前とは食事の30分前頃を指します)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)3歳以上の幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意してください。
(3)定められた用法・用量を厳守してください。

赤玉はら薬の成分・分量

1日量(30丸)中
タンニン酸ベルベリン 120mg
アクリノール水和物 60mg
ゲンノショウコエキス 300mg 原生薬換算量3000mg
センブリ末 30mg
(添加物)
炭酸カルシウム,カルメロースカルシウム,デヒドロ酢酸ナトリウム,コメデンプン,カルメロースナトリウム,バレイショデンプン,タルク,セラック,マクロゴール,赤色102号

赤玉はら薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)高齢者。
2.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

赤玉はら薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わってしまいます)
(4)使用期限を過ぎたものは服用しないでください。
(5)お薬の入っている袋を開封後、3日経過したものは服用しないでください。