ビノックのどクールSの効能・用量・副作用など

ビノックのどクールSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 浅田飴
販売会社 新新薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ビノックのどクールSの特徴

本剤は,口中でゆっくり溶かして服用することにより,せきを鎮め,たんを切り,また,ぜんそく性のせきの緩和にも効果を発揮するシュガーレスタイプのドロップ剤です。

ビノックのどクールSの効能効果

せき,ぜんそく,たん,のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ

ビノックのどクールSの用法用量

次の量を口中に含み,かまずにゆっくり溶かして服用してください。服用間隔は2時間以上おいてください。
[年齢:1回量:服用回数]
11才以上:2錠:1日6回
5才以上11才未満:1錠:1日6回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
●定められた用法,用量を厳守してください。
●小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ビノックのどクールSの成分分量

12個中
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 37.5mg
クレゾールスルホン酸カリウム 135mg
セチルピリジニウム塩化物水和物 3mg
(添加物)
還元水アメ,還元麦芽糖水アメ,アセスルファムカリウム,カンゾウエキス,アラビアゴム,カルナウバロウ,l-メントール,タルク,サラシミツロウ,シリコーン樹脂,ソルビタン脂肪酸エステル,グリセリン脂肪酸エステル,繊維素グリコール酸ナトリウム,赤色102号,黄色5号,青色1号

ビノックのどクールSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります]
本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)高齢者
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)高熱のある人
(7)心臓病,高血圧,糖尿病,甲状腺機能障害の診断を受けた人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

ビノックのどクールSの保管上の注意

(1)5才未満の乳幼児の場合には,のどにつかえるおそれがありますので服用をさけてください。
(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にフタをしっかりしめて保管してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります)。
(5)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

ビノックのどクールSに効果効能が似た薬

ビノックのどクールSが気になる人向けのコラム

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

長引く咳に要注意!あなたも咳ぜんそくかも

こんな時は咳ぜんそくを疑ってみよう

ぜんそくというと子どもに多いと思われるかもしれませんが、実は大人のぜんそく患者が増えています。
大人のぜんそくが増えている(1) - goo ヘルスケア

風邪が治った後も1カ月以上頑固な... 続きを読む

大人のぜんそくが増えている-激しいせきはぜんそく?8つの症状

なかなか止まらない激しいせき、呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューと鳴るのど、そして息苦しさ。このようなぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜がちょっとした刺激に過敏に反応し、気道が狭くなることで起こります。
刺激に反応した気道で... 続きを読む

大人のぜんそくが増えている? ぜんそくを疑う10の症状と治療法

大人の気管支ぜんそく(以下、ぜんそく)が増えています。ぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜が何らかの刺激に過敏に反応して慢性的な炎症を起こし、狭くなる(狭窄する)ことで起こります。発作時、患者さんは「鼻をつまんで細いストローで呼... 続きを読む

成人になってからでも発症するぜんそく-治療法や気をつけること

ぜんそくの発作は薬の吸入などで治まり、発作が治まると何事もなかったようにケロっとして、健康な人と変わらない生活を送ることができます。しかし、気道の炎症は静かに続いています。
前回述べたように、ぜんそくは、気道が慢性的な炎症によって狭く... 続きを読む