フラーリンJ粒の効能・用量・副作用など

フラーリンJ粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 健胃薬
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

フラーリンJ粒の特徴

◆フラーリンJ粒は健胃の効果を中心に、胃腸に働くよう考えられた生薬配合の健胃薬です。
◆フラーリンJ粒中のショウキョウ・ニンジン・ケイヒ・オウレン・カンゾウ・牛胆は胃腸の機能を調整し、また牛胆はコウボク・ビャクジュツとともに胃から生じる症状を和らげ、合成ケイ酸アルミニウム・酸化マグネシウム・炭酸水素ナトリウム・沈降炭酸カルシウムは胃液の状態を整えるように作用します。

フラーリンJ粒の効能効果

食欲不振、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸やけ、胃もたれ、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐

フラーリンJ粒の用法用量

次の量を食後に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人(15歳以上):1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
11歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
8歳以上11歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
5歳以上8歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回
1歳以上5歳未満:大人の1/4の量(0.375g):1/4包:3回
1歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

フラーリンJ粒の成分分量

4.5g又は3包中
ケイヒエキス 50mg
ショウキョウエキス 30mg
ニンジンエキス 45mg
オウレン末 150mg
カンゾウ末 150mg
コウボク末 150mg
ビャクジュツ末 250mg
牛胆 75mg
合成ケイ酸アルミニウム 300mg
酸化マグネシウム 25mg
炭酸水素ナトリウム 750mg
沈降炭酸カルシウム 150mg
(添加物)
乳糖

フラーリンJ粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
透析療法を受けている人。
2.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の診断を受けた人。
腎臓病、甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
便秘、下痢
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

フラーリンJ粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

フラーリンJ粒に効果効能が似た薬

フラーリンJ粒が気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

悪玉コレステロールのLDLコレステロール-本当は必要な存在

脂質異常症は、高血圧と同様ほとんど無症状のため自分では気づきにくく、健康診断をきっかけに見つかることが多い病気です。脂質異常症は動脈硬化のリスクを高め、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患のリスクを増加させるとされています。今回は、脂質検査... 続きを読む

主婦検診受けてますか? 婦人科健診や40歳以上はメタボ検診も

生活習慣病が現れ始める年齢になったら、毎年定期的に健診を受けて自分の健康状態を把握しておくことは、現代人のいわば常識といってもよいでしょう。会社員や公務員の場合は職場で定期健診という機会があるので毎年チェックしやすいですが、家庭にいる主婦... 続きを読む