ノイビタコンドロ錠の効能・用量・副作用など

ノイビタコンドロ錠の特徴

1.コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは関節軟膏などに存在し,軟骨の弾力性や保水性を高め,関節のクッションのような役割をします。
2.ビタミンB1・B6・B12は関節痛・腰痛・神経痛を緩和します。
3.ビタミンEは過酸化脂質の生成を抑制し,血流をスムーズにして関節痛や筋肉痛を緩和します。

ノイビタコンドロ錠

ノイビタコンドロ錠

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンB1主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 京都薬品工業
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC ビタチアン   VV・コリトル内服液   Vワンライフ   VワンライフEX   アイエース  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ノイビタコンドロ錠の効能・効果

次の諸症状※の緩和:関節痛・筋肉痛(腰痛,肩こり,五十肩など),神経痛,手足のしびれ,眼精疲労,便秘。
次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時。
脚気※

ノイビタコンドロ錠の用法・用量

次の量を,水又はお湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):3錠:2回(朝夕)
15歳未満:服用しないで下さい。
(用法関連注意)
用法・用量を厳守して下さい。

ノイビタコンドロ錠の成分・分量

6錠中
ベンフォチアミン 138.3mg
ピリドキシン塩酸塩 20mg
シアノコバラミン 60μg
コハク酸d-α-トコフェロール 50mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 900mg
(添加物)
塩酸グルコサミン,セルロース,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ポリビニルアルコール(部分けん化物),ステアリン酸マグネシウム,酸化チタン,タルク,大豆レシチン,カルナウバロウ

ノイビタコンドロ錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,口内炎,食欲不振
2.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
軟便,下痢
3.1カ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ノイビタコンドロ錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)ぬれた手で取り扱わないで下さい。水分が錠剤につくと,表面が一部溶けて,変色又は色むらを生じることがあります。また,ぬれた錠剤をビンに戻すと他の錠剤にも影響を与えますので,戻さないで下さい。
(5)ビンの中の詰め物は輸送中の錠剤破損防止用ですので,開封後は捨てて下さい。
(6)ビンの中に乾燥剤を入れてありますので,薬を使い終わるまでは捨てないで下さい。また,間違って服用しないよう注意して下さい。
(7)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。