キヨーレオピンキャプレットの効能・用量・副作用など

キヨーレオピンキャプレットの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 湧永製薬
販売会社 ヘルスベスト
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

キヨーレオピンキャプレットの特徴

キヨーレオピンキャプレットは,ニンニクを長期間かけ抽出・熟成して得られる熟成ニンニク抽出液に,肝臓分解エキスやビタミンB1,B12を配合した滋養強壮剤です。
本剤は,カプセル形の錠剤(キャプレット)で,のみやすく,また表面にコーティングをほどこしてありますのでニンニクや肝臓分解エキス特有の味や臭いも気になりません。

キヨーレオピンキャプレットの効能効果

(15才以上):滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給。
(14?8才):滋養強壮,虚弱体質,偏食児・小児の発育期・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給

キヨーレオピンキャプレットの用法用量

1回次の量を水又はお湯と一緒に服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):2錠:2回
8才以上15才未満:1錠:2回
8才未満:服用しないで下さい
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

キヨーレオピンキャプレットの成分分量

4錠中
熟成ニンニク抽出液 1.73mL
肝臓分解エキス 100mg
塩酸チアミン 20mg
シアノコバラミン 50μg
(添加物)
乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,セルロース,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ステアリン酸マグネシウム,無水ケイ酸,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),カラメル,トリアセチン,カルナウバロウ

キヨーレオピンキャプレットの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合
3.下痢があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談して下さい。

キヨーレオピンキャプレットの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。
(5)ビンの詰め物は,輸送中の内容物の破損を防ぐためのものです。開封後は不要となりますので,取りのぞいて下さい。

キヨーレオピンキャプレットに効果効能が似た薬

キヨーレオピンキャプレットが気になる人向けのコラム

中島美嘉が患った「耳管開放症」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

歌手の中島美嘉さんは2010年10月、両側耳管開放症の悪化を理由に当面の音楽活動休止と治療への専念を表明されました。 さらに川崎麻世さんも2013年に耳管開放症を患い、治療を受けていることを公表されました。 耳管開放症てどんな病気? ... 続きを読む

【スマホうつ】になりやすいスマホの使い方 ワースト3

最近、イライラしたり、原因のわからない不安感が続くといったココロの不調がありませんか?
あなたがスマホユーザーで、1日2時間以上スマホをいじっているなら、それは「スマホうつ」かもしれません。 首のコリからくる「スマホうつ」 「スマホ... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

ごちそうを見ると、生つばが出るのはなぜ? 1日に分泌される唾液の量

目の前においしそうなものがあると、生つばが出る。梅干しやレモンなどすっぱいものだと、想像しただけで生つばが──こんな経験は誰にでもあるでしょう。この現象は「条件反射」という言葉で説明されています。
理科の教科書に載っていたでしょうか、... 続きを読む

胸元から悪臭? 自分では気づきにくい「チチガ」に注意! 改善法は?

「ワキガ」と同じように胸が臭う、「チチガ」を知っていますか。脇の臭いには気をつけていても、胸の臭いを気にしている人は少ないかもしれません。自分では気づいていなくても、「チチガ」かもしれないのです。 「ワキガ」と同じアポクリン腺からの排... 続きを読む