ワクナガ紅參牛黄の効能・用量・副作用など

ワクナガ紅參牛黄の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 湧永製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ワクナガ紅參牛黄の特徴

ワクナガ紅参牛黄は,滋養強壮作用や末梢血行改善作用などが認められている紅参(コウジン)と相性が良いとされる強壮生薬牛黄(ゴオウ)とを組み合わせた生薬滋養強壮剤です。血流を活発にし,虚弱体質,肉体疲労,血色不良などの場合の滋養強壮にすぐれた効果を発揮します。日頃の健康維持にお役立てください。

ワクナガ紅參牛黄の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症

ワクナガ紅參牛黄の用法用量

1回次の量を水又はお湯と一緒に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:2回
15才未満:服用させないでください
(用法関連注意)

ワクナガ紅參牛黄の成分分量

2包(910mg)中
ゴオウ末 100mg
コウジン末 600mg
コウジンエキス 180mg (紅参1800mg)
(添加物)
無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム

ワクナガ紅參牛黄の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ワクナガ紅參牛黄の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ワクナガ紅參牛黄が気になる人向けのコラム

何気ない動作で起こる「ぎっくり腰」!対処法と予防のためのストレッチ

ふと立ち上がった拍子に腰に激痛が!
息が止まるような痛みに襲われて、思わずしゃがみこんでしまう。少し体を動かしただけでも痛いので、動けない……こんな体験をした人はありますか?
これは、西洋では「魔女のひと突き」と呼ばれるぎっくり腰の症状で... 続きを読む

食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。
しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせ... 続きを読む

女性は特に日課にしたい「骨盤底」ケア どこでもできる筋トレ

骨盤底は、骨盤の下にあるハンモック状の筋肉群。膀胱、子宮、直腸などの腹部臓器を支えていて、筋肉にゆるみができると、尿もれ、尿意の切迫感、性器脱など、さまざまな障害が起こります。
筋肉は、肥満や妊娠、さらに加齢によって、ゆるみやすくなり... 続きを読む

小豆は女性の味方-疲労回復・むくみ解消・美容効果も

春到来。お彼岸に卒業・入学シーズンがやってきました。こうした季節の行事やお祝いごとに欠かせないのが小豆(あずき)です。お彼岸のぼたもちの甘いあんは小豆で作られ、祝いの席のお赤飯はもち米と小豆を蒸して作ります。お正月にも、鏡開きのお汁粉、小... 続きを読む

肝臓水解物

スーパーにあるとても身近な食材から作られている成分です。原料は牛や豚の肝臓、つまりレバー。新鮮なレバーを加水分解酵素で分解し、エキスにしたのが肝臓水解物です。
これが今、女性の美と健康に効く成分として注目されています。 「もともとレバーに... 続きを読む