メンフラアイス〈IM〉の効能・用量・副作用など

メンフラアイス〈IM〉の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 帝國製薬
販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

メンフラアイス〈IM〉の特徴

*打撲,捻挫や筋肉の痛みに適した,水分を多く含んだ冷却力に優れたハップ剤です。
*患部を冷却するとともに,主成分のインドメタシンが直接患部に浸透し,つらい痛みを抑えます。

メンフラアイス〈IM〉の効能効果

打撲,捻挫,筋肉痛,関節痛,腱鞘炎(手・手首の痛み),肘の痛み(テニス肘など),肩こりに伴う肩の痛み,腰痛

メンフラアイス〈IM〉の用法用量

プラスチックフィルムをはがし,1日2回を限度として患部に貼ってください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法を厳守してください。
(2)11歳未満の小児には使用させないでください。
(3)11歳以上の小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)汗をかいたり,患部が濡れている時は,よく拭き取ってから使用してください。
(5)皮膚の弱い人は,使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,1?2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。
(6)連続して2週間以上使用しないでください。

メンフラアイス〈IM〉の成分分量

膏体100g中(1000cm2当たり)
インドメタシン 0.375g
1枚 14cm×10cm
(添加物)
dl-メントール,ポリアクリル酸,ポリアクリル酸ナトリウム,カルボキシビニルポリマー,ポリアクリル酸部分中和物,水酸化アルミニウム,無水ケイ酸,ジヒドロキシアルミニウムアミノアセテート,ポリソルベート60,D-ソルビトール,1,3-ブチレングリコール,酸化チタン,pH調節剤,エデト酸ナトリウム,ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),パラベン

メンフラアイス〈IM〉の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)ぜんそくを起こしたことがある人。
2.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
(3)みずむし・たむし等又は化膿している患部。
3.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,ヒリヒリ感,熱感,乾燥感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

メンフラアイス〈IM〉の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。未使用分は元の袋に入れ,開封口のチャックをきちんと閉めて保管してください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべく早く使用してください。(品質保持のため)

メンフラアイス〈IM〉が気になる人向けのコラム

肩が痛い、だるい時に役立つ解消法!

やっぱりツボ押しが効く!
肩コリを感じたときどんなことをしますか?

パソコン前にずっと座るなどの長時間の同一姿勢を原因にして起こりやすいのが肩こりです。
肩こりの症状や原因など - goo ヘルスケア


肩周りの筋肉が収... 続きを読む

その肩の痛み病院に行かなくてはならないかも

なぜ肩こりが起こるのか

肩こりの原因のほとんどは、姿勢の悪さや運動不足、ストレスなどふだんの生活習慣です。
肩こりの悪循環を断ち切るために - gooヘルスケア

一般的な肩こりは、生活習慣からきています。長時間同じ姿勢でいる... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 1-痛む場所から分かる病気と症状とは?

腹痛とは腹部に感じる痛みのこと。経験したことがない人はいないといってもいいくらい、日常的に起こる症状ですが、その原因は食べすぎ・飲みすぎなど自然に回復するものから、緊急に治療を必要とする疾患までさまざまです。
また、腹痛、お腹が痛いとい... 続きを読む

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む

成人の4.4人に1人が慢性的な痛みを抱えている-上手く付き合う方法

梅雨どきになると腰痛や関節痛、肩こりがひどくなるという人は多いでしょう。慢性的な痛みをもつ人にとってはつらい季節です。
厚生労働省では、慢性的な痛み(慢性疼痛)の定義を、「一定期間(月単位)以上続く痛み、かつ痛みの存在が身体的、社会的に... 続きを読む