ウチダの牛黄の効能・用量・副作用など

ウチダの牛黄の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ウチダの牛黄の効能効果

解熱,鎮けい,強心

ウチダの牛黄の用法用量

次の1回量を1日2回,朝晩に服用する。
[年齢:1回量]
成人(15歳以上):100mg
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
添付のサジはすり切りで1杯が約100mgです。

ウチダの牛黄の成分分量

1g中
ゴオウ 1g
(添加物)
無し

ウチダの牛黄の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの牛黄の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの牛黄が気になる人向けのコラム

腰や脚の痛みは坐骨神経痛かも? 原因となる病気4つの症状

「腰が痛いな」と思っていたら、太ももの後ろ側からふくらはぎ、足に鋭い痛みが生じてきた――中高年以降、このような異変「坐骨神経痛」に見舞われる方が増えています。ところで、坐骨神経痛とは、一体どんなものなのでしょう。
坐骨神経は、下肢の筋... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の検査や血液検査をしても異常が認められないのに、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を中心とする消化器症状が長く続く病気です。ストレスが症状を悪化させる要因となり、日本を含む先進国で多くみられます。
日本人の10~15%が... 続きを読む

腟の入り口の痛みやかゆみ、腫れの原因は?どの病院にいけばいい?

腟や尿道口(おしっこの出口)の周辺、つまり外陰部にできものがある、イボ(ブツブツ)がある、という理由で外来に来る人がいます。しかし困ったことに、自分の外陰部を見たことがないという人も珍しくないのです。
外陰部は他人と比べることは少ない... 続きを読む

冷えきった腰に効くツボとマッサージ-腰痛に効くツボをイラストで解説

今年の秋はいつまでも暖かい日が続きましたが、さすがに11月の終わりともなると寒くなってきました。寒いと肩をすくめて体を縮め、うつむいた姿勢をとってしまいがち。そんなときは呼吸も浅くなり、動きが少なくなるので、筋ポンプ(筋肉が緊張したり緩ん... 続きを読む

耳の構造と隠れた役割とは? 音をキャッチする仕組み|耳の病気

来月3月3日は「耳の日」。普段はあまり気にも留めていない耳のことを、1年に1度くらいはちょっと意識してみてはいかがでしょう。まずはその構造。耳は目に見える部分からその先の奥のほうまでを、外耳、中耳、内耳と3つの区域に分けられます。
外... 続きを読む