ヨクイニンS「コタロー」の効能・用量・副作用など

ヨクイニンS「コタロー」の基本情報

ヨクイニンS「コタロー」

ヨクイニンS「コタロー」

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ヨクイニンS「コタロー」の特徴

ヨクイニンSは民間で親しまれているハトムギの種皮を取り除いた種子(ヨクイニン)からエキスを抽出し,飲みやすい錠剤にしたものです。
ヨクイニンは中国の「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」などの薬物書に収載され,古来漢方の要薬とされてきました。
栄養価が高く,全身の水分のめぐりをよくし,水毒(すいどく)体質の改善をはかり,清熱排膿(せいねつはいのう)の働きがある生薬で,お肌のあれや,イボに用いて効きめがあります。

ヨクイニンS「コタロー」の効能効果

皮膚のあれ,いぼ

ヨクイニンS「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):5錠:3回
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ヨクイニンS「コタロー」の成分分量

15錠中
ヨクイニンエキス 2g (日局ヨクイニン11.8gより抽出)
(添加物)
カルメロースカルシウム(CMC-Ca),軽質無水ケイ酸,結晶セルロース,ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物,粉末飴

ヨクイニンS「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書をもって医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

ヨクイニンS「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

ヨクイニンS「コタロー」に効果効能が似た薬

ヨクイニンS「コタロー」が気になる人向けのコラム

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

烏骨鶏

中国や東南アジア原産の鶏の一種ですが、骨が烏(からす)のように黒い(正確には、黒に近い紫色)ことから、「烏骨鶏」という字が当てられました。 「実は骨だけでなく、皮膚も肉も内臓も黒いのです。そのような鶏は(鳥、動物も含めて)、烏骨鶏だけです... 続きを読む

漆喰塗料

「天然の空気清浄機」といわれるほど調湿性に優れ、防火性も高いことから、日本で広く使われてきた“漆喰”。 「昔から漆喰は、日本家屋の土壁の上に塗る仕上げ材として使われていました。お城や土蔵、寺社などの白い壁が漆喰です。有名な高松塚古墳の... 続きを読む

ボイセンベリー

ボイセンベリーはブルーベリーやラズベリーと同じ、ベリー類の一種です。日本では栽培がはじまったばかりですが、欧米ではジャムや砂糖漬けにしたものをパンやケーキに使うなどとても身近な食品。独特の甘酸っぱい味や香りで広く親しまれています。抗酸化作用... 続きを読む

冬の乾燥肌の悩み 皮膚がポロポロ…これって垢? 正しいケア方法

年中身体の肌が乾燥していて、特にお腹周り、お尻や腰あたりは粉がふくほど。この前、お風呂でお腹周りの皮膚をこすったらアカが出てきて…。乾燥が原因なのでしょうか、ショックです。 (質問者
yukinko12121017さん) 教えて!go... 続きを読む