ジュウヤクA「コタロー」の効能・用量・副作用など

ジュウヤクA「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ジュウヤクA「コタロー」の特徴

ジュウヤクA「コタロー」は,どくだみの花期の地上部(十薬(じゅうやく))を乾燥したのち水で抽出し,飲みやすくしたエキス錠です。
清楚な白い花弁のような苞(ほう)が印象的などくだみは,日本や中国などで古くから毒下(くだ)しとして親しまれて来ました。その名の由来は,体毒を矯(た)める(悪いものをなおす)のでどくだみとも,また十の種類の薬効があるから十薬(じゅうやく)とも言う,と伝えられています。
便秘の方は大変多いのですが,放っておくと吹出物の原因となるなど,体によくないので,日頃から食事に気を配る(繊維分をとるなど)などして便秘しないようにすることが大切です。
本品には,ゆるやかな便通を整える作用があり,お子さまから高齢の方まで,また強い下剤を使えないような場合にも用います。

ジュウヤクA「コタロー」の効能効果

便秘

ジュウヤクA「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満11歳以上:3錠:3回
11歳未満7歳以上:2錠:3回
7歳未満5歳以上:1錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ジュウヤクA「コタロー」の成分分量

12錠中
ジュウヤクエキス 1.665g (日局ジュウヤク12.8gより抽出)
(添加物)
結晶セルロース,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,粉末飴

ジュウヤクA「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ジュウヤクA「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

ジュウヤクA「コタロー」が気になる人向けのコラム

認知症の治療に効果的な方法とは-予防するための10の習慣

認知症といえば、本人の記憶力をはじめとする認知機能の変化に気をとられがちです。これに対して最近では、本人の心身の状態から生活の質(QOL)全体を見据えた対応、さらには本人だけでなく介護者をはじめとする家族のQOLまで含めた対応が重要視され... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む

腎がんの基礎知識 病気の特徴と危険因子|主な検査方法

腎臓は、尿を作る細胞組織である「腎実質」と、尿が集まり尿管へとつながっている「腎盂(じんう)」から主に構成されています。腎実質にできるがんを腎がん(腎細胞がん)、腎盂にできるがんを腎盂がんといいます。
国立がん研究センターがん対策情報... 続きを読む

子どもの排便、気にしてる? 便秘の原因と予防の6つのポイント

健康を守るうえで適切な食習慣が大切であることは当然として、同時に適切な排便習慣も非常に重要です。ところが、最近明らかにされたある調査では、小学生の10人に4人が、排便するのは1日1回未満であることがわかりました。子どものうちから悪い排便習... 続きを読む

食べるだけでもカロリー消費するめダイエット

するめ
するめダイエットは、お腹が空いたらするめをかじるというダイエット方法です。
するめは細かく切り裂いたものを少しづつ食べると、カロリーが気になりません。
仮に裂いたものを10グラム食べても、30kcal程度になります。
する... 続きを読む