幸健生彩の効能・用量・副作用など

幸健生彩の基本情報

幸健生彩

幸健生彩

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 養命酒製造
医薬品区分 医薬部外品
リスク区分 なし

幸健生彩の特徴

天然の生薬にビタミン,タウリンを配合した胃腸障害時の栄養補給,虚弱体質などにすぐれた効果を発揮する飲みやすいタイプの錠剤です。
「なんとなく胃腸の調子が悪い」「疲れやすく元気がない」「発熱で体力を消耗している」などの方に,おすすめします。
●新陳代謝を活発にするビタミンと強壮作用のある人参,芍薬,甘草などを配合し,胃腸障害時の栄養補給,虚弱体質,滋養強壮にすぐれた効果をあらわします。
●フィルムコート錠で生薬の味や匂いが苦手な方にもおすすめ。
●就寝前や妊娠授乳期の方にも服用いただけます。

幸健生彩の効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

幸健生彩の用法用量

次の量を1日2回,朝夕に服用してください。
[年齢:1回量]
成人(15歳以上):2錠
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。
(他のビタミン等を含有する製品を同時に使用する場合には過剰摂取等に注意してください。)

幸健生彩の成分分量

4錠中
シャクヤクエキス 34.3mg (芍薬120mg)
ケイヒエキス 23.4mg (桂皮150mg)
カンゾウエキス 25mg (甘草100mg)
タイソウエキス 80mg (大棗200mg)
ショウキョウエキス 22.2mg (生姜200mg)
ニンジンエキス 181.8mg (人参600mg)
リン酸リボフラビンナトリウム 5mg
塩酸ピリドキシン 10mg
酢酸トコフェロール 10mg
ニコチン酸アミド 20mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 300mg
(添加物)
無水ケイ酸,乳糖,還元麦芽糖水アメ,トウモロコシデンプン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸マグネシウム,ポリビニルアルコール(部分けん化物),酸化チタン,マクロゴール,タルク,三二酸化鉄

幸健生彩の使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
しばらく服用しても症状がよくならない場合

幸健生彩の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わるため。)
(4)ビンの中のつめ物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要になりますので取り除いてください。
(5)使用期限が過ぎた製品は服用しないでください。

幸健生彩が気になる人向けのコラム

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

線虫がたった1滴の尿で早期がんを発見する! しかも費用は数百円?

2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなる時代。「がん」は日本人の死因第一位ですが、がんの死亡を防ぐには早期発見・早期治療がもっとも有効だといわれています。そこで、九州大学の研究グループは「がん患者の尿の匂いに線虫が反応する」... 続きを読む