クラシエ桔梗湯内服液の効能・用量・副作用など

クラシエ桔梗湯内服液の基本情報

クラシエ桔梗湯内服液

クラシエ桔梗湯内服液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 桔梗湯
形状 液剤
製造販売会社 新生薬品工業・奈
販売会社 クラシエ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 桔梗湯   

クラシエ桔梗湯内服液の効能効果

体力に関わらず使用でき,のどがはれて痛み,ときにせきがでるものの次の諸症:扁桃炎,扁桃周囲炎

クラシエ桔梗湯内服液の用法用量

次の量を1日3回食前又は食間によく振ってから,ひと息に飲まず,うがいしながら服用する。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1本:3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は,沈殿を含んでいますので,服用前によく振ってから服用してください。

クラシエ桔梗湯内服液の成分分量

3本(90mL)中
桔梗湯抽出液 81mL (キキョウ2g,カンゾウ3g)
(添加物)
パラベン,白糖

クラシエ桔梗湯内服液の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)高齢者
(5)次の症状のある人
むくみ
(6)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この外箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この外箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には,医師は服用を中止し,この外箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

クラシエ桔梗湯内服液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限(外箱及びビンラベルに記載)のすぎた商品は服用しないでください。
(5)ビンをあけたら飲みきってください。
(6)ビンをあけたまま保存しないでください。

クラシエ桔梗湯内服液が気になる人向けのコラム

生理痛の原因-ひどい痛みは子宮内膜症かも?-痛みに効く14のツボ

生理時期に起きる最も多いトラブルが生理痛です。生理痛はどうして起きるのか、また、生理痛への対処法についてご紹介します。 経血を押し出すために子宮が収縮することが痛みを引き起こす 生理痛とは、腹痛だけでなく、腰や頭が痛い、吐き気がするな... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

女性の下腹部の痛みは注意が必要‐考えられる7つの原因と対処法

女性にとって、子宮がある下腹部の痛みは慎重に対処したいもの。下腹部に痛みがある場合に考えられる病気についてご紹介します。 腹痛の種類と痛みの強さに注目を 生理痛や排卵痛で下腹部の痛みを感じたことがある女性は多いもの。ただ、いつもの痛みと... 続きを読む

その痛み【うつ病】が原因かも?4つのチェックポイントで確認

頭痛、便秘、肩こり、吐き気、動悸、体重減少、腹痛、腰痛、下痢、背部痛、しびれ、筋肉痛、胸痛、歯痛、呼吸困難……これはうつ病によって引き起こされる、身体症状の一部です。 うつ病によって、痛みをはじめ、これほどさまざまな身体症状が現れること... 続きを読む