命の母生薬内服液の効能・用量・副作用など

命の母生薬内服液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 液剤
製造販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

命の母生薬内服液の特徴

更年期や生理の時には,ちょっとしたストレスなどで,すぐに生理機能のバランスを崩してしまい,体だけでなく心も不安定になりがちです。
「命の母生薬内服液」は,9種の生薬成分を用いて作られた医薬品です。
一つ一つ抽出された生薬成分が血行を促して体を温め,気を補い不快な症状を和らげます。

命の母生薬内服液の効能効果

更年期障害,血の道症,月経不順,冷え症及びそれらに随伴する次の諸症状:月経痛,腰痛,頭痛,のぼせ,肩こり,めまい,動悸,息切れ,手足のしびれ,こしけ,血色不良,便秘,むくみ

命の母生薬内服液の用法用量

成人(15歳以上)1回1本,1日2回服用してください。
(用法関連注意)
本剤は、生薬配合のため沈でんを含んでいるので、服用前によく振ってから服用すること

命の母生薬内服液の成分分量

2本(60mL)中
トウキ抽出液 12mL (当帰1200mg)
センキュウ流エキス 1mL (川きゅう1000mg)
サイシン抽出液 1mL (辛細1000mg)
シャクヤク抽出液 2mL (芍薬2000mg)
ニンジン流エキス 0.7mL (人参700mg)
カンゾウ抽出液 7mL (甘草700mg)
モクツウ抽出液 10mL (木通1000mg)
タイソウ抽出液 22.5mL (大棗2250mg)
ケイヒ流エキス 0.7mL (桂皮700mg)
(添加物)
安息香酸ナトリウム,パラオキシ安息好酸ブチル,香料,ハチミツ,エタノール0.1mL以下

命の母生薬内服液の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)本人または家族がアレルギー体質の人
(4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
(5)胃腸の弱い人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,食欲不振
(2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合

命の母生薬内服液の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない湿気の少ない涼しいところに保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり,品質が変わる)
(4)キャップをあけたら飲みきること。キャップをあけたまま保存しないこと

命の母生薬内服液が気になる人向けのコラム

放置できない月経不順の恐ろしさと対策

月経不順の提議とは?
通常の月経は30日前後のサイクルで繰り返されています。しかし、月経は生活環境やストレス、体調などの変化を受けやすいのです。周期が一定の人でも、その時々で早くなったり遅くなったりすることもあります。これを月経不順と言... 続きを読む

女性は男性よりうつ病になりやすい-うつ病自己評価尺度でチェック

うつ病は男性よりも女性に多い病気です。女性が男性よりうつ病になりやすい原因の一つは、月経周期や妊娠・出産、閉経(更年期)による、ホルモンバランスの急激な変化による心身のストレスと考えられています。
もう一つは、就職、結婚、妊娠・出産、子... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

高齢者に致命的になる肺炎-予防のための生活改善6カ条

日本では1年間に12万人近くもの人が肺炎で亡くなっており、肺炎はがん、心疾患、脳血管疾患に次いで日本人の死因の第4位となっています(「2010年人口動態統計(確定数)の概況」より)。しかも肺炎による死亡率は増え続け、近い将来、横ばいから減... 続きを読む