朝光水の効能・用量・副作用など

朝光水の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 滋賀県製薬
販売会社 本舗天洋堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

朝光水の特徴

目は身体の中で大切な部分で、精密でデリケートな器官です。毎日の生活の中で、現代人は、テレビ、排気ガス、車の運転、細菌や紫外線などさまざまな刺激に酷使されています。目を酷使すると目が疲れたり、目に炎症がおこると赤く充血したり、目のかすみなどの症状があらわれます。このような時、それらの症状を取り除いて、目を守るのに朝光水が効果をあらわします。
〔作用と特徴〕
1.ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、目に栄養を与えて、疲れ目などの症状を改善します。
2.クロルフェニラミンマレイン酸塩の抗炎症作用により、目の炎症を鎮め、充血をとります。
3.硫酸亜鉛水和物の収れん作用により、目の炎症を鎮めます。
4.コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、傷つきやすい角膜を保護します。
5.さわやかなさし心地の目薬です。

朝光水の効能効果

目の疲れ、結膜充血、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)

朝光水の用法用量

1回1?3滴、1日3?6回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)用法用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先をまぶた、まつ毛に触れさせないでください。また、混濁したものは使用しないでください。
(4)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(5)点眼用にのみ使用してください。

朝光水の成分分量

1mL中
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 1mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.15mg
硫酸亜鉛水和物 1.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 3mg
(添加物)
ホウ酸、ホウ砂、l-メントール、d-ボルネオール、ゲラニオール、クロロブタノール、パラベン、プロピレングリコール

朝光水の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
目:充血、かゆみ、はれ
3.次の場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合

朝光水の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。特に車中・暖房器具の近くなど40℃以上になる場所に放置しないでください。
(高温の所に放置すると、容器が変形したり品質に影響するおそれがあります。)
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限の経過した製品は使用しないでください。(使用期限の範囲内であっても、開封後はなるべく早くご使用ください。)
(6)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の先やキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼなどで軽くふきとってご使用ください。

朝光水が気になる人向けのコラム

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

ウルトラマラソン完走でわかった「走った翌日に疲れを残さない食べ物」

マラソン大会のシーズンたけなわ。エントリーした大会の出場を控えている人も多いのではないでしょうか。 秋風そよぐ中、全国各地で魅力的なコースを走るマラソンの楽しみは格別ですが、忘れてならないのがラン前後のケア。ぶっつけ本番の人はもちろん、... 続きを読む

たっぷり汗をかけるサウナ風呂ダイエット

サウナ風呂
汗をかかない体質の方は代謝が落ちて太りやすいことがあります。
ダイエットに成功しても代謝が落ちたままだとリバウンドしやすいです。
ダイエットとリバウンドを繰り返していると身体に無理が生じて健康にも悪いです。
そこでサウ... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む