コンドロミンGの効能・用量・副作用など

コンドロミンGの特徴

コンドロミンGは,加齢とともにあらわれる,ひざなどの関節痛や腰痛,神経痛に徐々に効果を発揮する医薬品です。
●コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは,軟骨のクッションとなる弾力性や保水性を高めるとともに,軟骨成分の合成を促し,関節痛や神経痛などのつらい症状を緩和します。
●ビタミンB1誘導体のチアミンジスルフィドは,体内でビタミンB1に変換されて筋肉や神経のスムーズな働きを促し,関節痛や神経痛などを緩和します。
●ビタミンB6・B12が関節痛や神経痛の症状の緩和を助けます。
●ヨーグルト味で甘味のある,飲みやすい顆粒剤です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンB1主薬製剤
形状 散剤 
製造会社 薬王製薬
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC ビタチアン   VV・コリトル内服液   Vワンライフ   VワンライフEX   アイエース  



コンドロミンGの効能・効果

次の諸症状※の緩和:神経痛,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,便秘,眼精疲労。
脚気※。
次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

コンドロミンGの用法・用量

次の量を,1日3回,食後に服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
11歳以上15歳未満:2/3包:3回
7歳以上11歳未満:1/2包:3回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

コンドロミンGの成分・分量

3包中
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 900mg
チアミンジスルフィド 12mg
リボフラビン酪酸エステル 10mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
シアノコバラミン 60μg
(添加物)
グルコサミン塩酸塩,結晶セルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ヒドロキシプロピルセルロース,アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物),乳糖水和物,香料

コンドロミンGの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

コンドロミンGの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。また,1包を分割した残りは袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。