鶴亀妙利金丸の効能・用量・副作用など

鶴亀妙利金丸の特徴

鶴亀妙利金丸はその原方(基本処方)が中国や韓国の古典に収載されており、古くから血液循環器系の改善を目的として用いられてきました。
高血圧に伴う症状は、人それぞれに異なり、どうき、手足のしびれ、肩のこり、のぼせ、耳なり、めまい、頭重感など一つの症状のみでなく、複数の症状を同時に訴えることがあります。
鶴亀妙利金丸は、これらの症状に用いてすぐれた効果をあらわします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の循環器・血液用薬
形状 錠剤 
製造会社 日本製薬工業
販売会社 ツルカメ漢方本店
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アクネザールT   エパアルテ   エフロフェンQ   カゴソウ「松浦」   キササゲ「松浦」  



鶴亀妙利金丸の効能・効果

高血圧に伴う次の諸症状:動悸、手足のしびれ、肩こり、のぼせ、耳鳴り、めまい、頭重感。

鶴亀妙利金丸の用法・用量

次の用法・用量を守り、朝夕服用しやすい大きさに適宜くだき、もしくはかみくだいて水又は温湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1/2丸:2回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)

鶴亀妙利金丸の成分・分量

1丸中
ゴオウ 30mg
ジャコウ 5mg
ニンジン 160mg
レイヨウカク 215mg
カンゾウ 320mg
ブクリョウ 84mg
センキュウ 180mg
キキョウ 80mg
サイコ 80mg
サンヤク 450mg
ホオウ 160mg
シンギク 160mg
ケイヒ 130mg
ダイズオウケン 130mg
アキョウ 130mg
シャクヤク 110mg
バクモンドウ 110mg
オウゴン 110mg
トウキ 110mg
ボウフウ 120mg
ビャクジュツ 110mg
リュウノウ 90mg
ビャクレン 46mg
ショウキョウ 46mg
タイソウ 150mg
(添加物)
ハチミツ、金箔

鶴亀妙利金丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、下痢

鶴亀妙利金丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)1丸を分割した残りを服用する場合は、セロファン等に包んで保管し早めに服用してください。