MCカルシウムの効能・用量・副作用など

MCカルシウムの特徴

MCカルシウムは,吸収のよい天然のカキの殻(ボレイ)を使用したカルシウム剤です。カルシウム(Ca:40.08)として,1日量(3錠)中約700mgが含まれます。
また,カルシウムの吸収を助けるアミノ酸(L-リシン塩酸塩)と胆汁酸成分(ウルソデオキシコール酸)を配合しました。

MCカルシウム

MCカルシウム

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 カルシウム主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 ゼリア新薬工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 Y.P.カルシウム3   アリフロミンCa   カタセ錠A   カタセ錠D3   カルカD  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



MCカルシウムの効能・効果

次の場合の骨歯の発育促進:虚弱体質,腺病質。妊娠授乳婦の骨歯の脆弱防止

MCカルシウムの用法・用量

[年齢:1回量:用法]
成人(15才以上):3錠:1日1回服用してください。
11才以上15才未満:2錠:1日1回服用してください。
5才以上11才未満:1錠:1日1回服用してください。
5才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)定められた用法・用量を守ってください。

MCカルシウムの成分・分量

3錠中
ボレイ末 1840mg
L-リシン塩酸塩 120mg
ウルソデオキシコール酸 10mg
(添加物)
結晶セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,低置換度ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),酸化チタン,カルナウバロウ

「MCカルシウム」を含むQ&A

もっと見る

MCカルシウムの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:食欲不振,胃のもたれ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

MCカルシウムの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。