胡慶・腎気丸の効能・用量・副作用など

胡慶・腎気丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 八味地黄丸(腎気丸,八味腎気丸,崔氏八味丸)
形状 錠剤
製造販売会社 原沢製薬工業
販売会社 牛津製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

胡慶・腎気丸の特徴

「胡慶・腎気丸」は,中国の古典医学書(金匱要略)に記載されている漢方処方に基づき,中国で栽培された八種類の生薬を原料にし,中華人民共和国で製造されたものです。この書で,腎気丸は腎虚の場合に用いるとされています。
腎は漢方において生命体の発生・成熟・老化に関与していると考えられています。
その病態である腎虚で,成人に特徴的な症状は腰以下のだるさや無力感となって現れます。

胡慶・腎気丸の効能効果

疲れやすくて,四肢が冷えやすく,尿量減少又は多尿でときに口渇がある次の諸症:下肢痛,腰痛,しびれ,老人のかすみ目,かゆみ,排尿困難,頻尿,むくみ

胡慶・腎気丸の用法用量

次の量を1日3回,食間に水又はお湯と一緒に服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):8丸:3回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法,用量を守って下さい。

胡慶・腎気丸の成分分量

24丸(5.28g,1日量)中
八味丸料エキス 1,848mg (ジオウ2.5g,サンシュユ・サンヤク・タクシャ・ブクリョウ・ボタンピ各1.5g,ケイヒ,炮附子各0.5g)
(添加物)
バレイショデンプン,カンゾウ末,薬用炭

胡慶・腎気丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい。
(1)胃腸の弱い人
(2)下痢しやすい人
(3)15歳未満の小児
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)のぼせが強く赤ら顔で体力が充実している人
(2)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人
(4)現在医師の治療を受けている人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,下痢,腹痛等
その他:のぼせ,動悸
(2)1ヶ月くらい服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)下痢

胡慶・腎気丸の保管上の注意

1.小児の手の届かない所に保管して下さい。
2.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり,品質が変わります。)
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

胡慶・腎気丸が気になる人向けのコラム

口の中でとろける!霜降り和牛のおいしさの秘密とは?

値段が高く、高級なイメージのある霜降り和牛。めったに食べられないけれど、あのとろける味が忘れられないという人も多いはず。なぜあんなにおいしいのでしょう。肉のおいしさを研究する日本獣医生命科学大学の松石昌典教授にうかがいました。 脂肪が... 続きを読む

歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?

美しい笑顔のカギは、歯以上に歯茎が重要なのをご存知ですか? 歯茎の血行を促すマッサージで、歯の健康と美しさを維持して笑顔美人になりましょう。 歯茎の血流の悪さが歯周病をまねく 笑顔の美しい人は、歯がきれいです。歯がきれいであるためには... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む

人工透析が必要になる病気とは?-5つの腎機能低下リスク

日本では人工透析(透析療法)を受ける人が増え続けています。1990年には約10万人だったのが、2000年には約20万人になり、現在は30万人にものぼります(日本透析医学会調べ)。そのため最近は、人工透析を専門に行う病院をよく見かけるように... 続きを読む

若い女性に急増している子宮内膜症‐主な症状や痛み方とは

子宮内膜症は、子宮内膜(子宮の内側の粘膜組織)あるいは子宮内膜症によく似た細胞が、子宮以外の場所に増殖してしまう病気です(図参照)。子宮以外の場所とは、たとえば卵巣、卵管、直腸と子宮の間(ダグラス窩)などで、ときには肺のなかまで発生します... 続きを読む