ベンザルコニウム塩化物液 ザルコニン液Pの効能・用量・副作用など

ベンザルコニウム塩化物液 ザルコニン液Pの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 健栄製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ベンザルコニウム塩化物液 ザルコニン液Pの効能効果

手指・創傷面の殺菌・消毒,口腔内の殺菌・消毒

ベンザルコニウム塩化物液 ザルコニン液Pの用法用量

本品を次のように水で希釈して,塗布または洗浄してください。
1.手指の殺菌消毒
ベンザルコニウム塩化物として0.05?0.1%
(本品の100?200倍液)
2.創傷面の殺菌消毒
ベンザルコニウム塩化物として0.01?0.025%
(本品の400?1000倍液)
3.含嗽(うがい)の場合
ベンザルコニウム塩化物として0.005?0.01%
(本品の1000?2000倍液)
(用法関連注意)
(1)用法用量を厳守してください。
(2)患部に軽く塗るだけにとどめ,ガーゼ,脱脂綿等に浸して貼付しないでください。
(3)そのままの液又は濃厚液が皮ふに付着した場合は,炎症を起こすことがありますので,すぐに水で洗い流してください。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(6)石けん類は本剤の殺菌作用を弱めますので,石けん分を洗い流してから使用してください。
(7)外用にのみ使用してください。

ベンザルコニウム塩化物液 ザルコニン液Pの成分分量

100mL中
ベンザルコニウム塩化物 10g
(添加物)
なし

ベンザルコニウム塩化物液 ザルコニン液Pの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
顔面,陰股部(陰のう等)
2.そのままの液では使用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)深い傷やひどいやけどの人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ベンザルコニウム塩化物液 ザルコニン液Pの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ベンザルコニウム塩化物液 ザルコニン液Pが気になる人向けのコラム

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

女性に多い腱鞘炎-手首と指に起こる主な2つのタイプ|改善法

腱鞘炎(けんしょうえん)は、キーパンチャーやピアニスト、漫画家などの職業病として知られています。腱鞘炎の文字どおり、指を動かす腱と、それを包み込む腱鞘がこすれて炎症が発生している状態をいい、手首や指が痛んだり、スムーズに動かせなくなったり... 続きを読む

誰かにやってあげたくなる手の甲のツボマッサージ-イラスト解説付き

パートナーにやってあげると喜んでもらえる手のツボマッサージの2回目です。前回の「手のひらマッサージ」(「自分でできる簡単ツボマッサージ
6」)はいかがでしたか?
引き続き今回は、手の指のマサージ、手の甲のマッサージ、手のストレッチを紹介し... 続きを読む

家事に負けないハンドケア【冬の手荒れ対策】

原因を知って
手荒れをブロック! 白い肌に、つやつや輝く爪。そんな「白魚のような手」の持ち主は、いつも手袋をして、なるべく手を使わないというイメージがありませんか?
実は家事を普通にこなしながらでも、きれいな手を保つことはできるんです... 続きを読む

つらい手荒れを治す-症状別対策法・症状にあったハンドクリーム

気温が低く空気が乾燥した日が続くと、肌も乾燥します。顔も気になりますが、“手”はどうでしょうか?
ちょっとかさかさする程度から、ひび、あかぎれ、ささくれ、しもやけ、手湿疹など、“手あれ”に悩まされている人は多いのではないでしょうか。
... 続きを読む