太田胃散整腸薬の効能・用量・副作用など

太田胃散整腸薬の特徴

現代の生活は腸に負担をかけることが増えています。高脂肪に偏った食生活、不規則な生活、運動不足、ストレスなどが原因で、腸内細菌のバランスが崩れると、大腸の機能が乱れ、おなかがゆるくなるなどの症状があらわれます。また、加齢によっても腸内細菌のバランスは崩れていきます。さらに、このような便通異常が様々な病気を引き起こします。
太田胃散整腸薬は、敏感になっている腸を乳酸菌と生薬の力で改善していく整腸薬です。
■敏感なおなかを改善する太田胃散整腸薬
1.生薬が腸の動きを整える
ゲンノショウコ、アカメガシワといった整腸生薬を配合することにより、ストレスや食生活の乱れなどによって起こる腸の過剰な動きを和らげて、おなかが弱い方の便通を改善します。
2.乳酸菌が腸内環境を改善する
ビフィズス菌・ラクトミン(ガッセリ菌)・酪酸菌の3種の整腸生菌が効果的に大腸や小腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑えることで、乱れた腸内細菌のバランスを回復し、刺激を受けにくい理想的な腸内環境へ近づけます。
〈このような方におすすめします〉
●弱いお腹を改善したい方
●飲んだ次の日お腹がゆるくなる方
●お腹のハリが気になる方

太田胃散整腸薬

太田胃散整腸薬

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 整腸薬
形状 錠剤 
製造会社 太田胃散
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アクティビオ   アペテート整腸薬NA   イストロン整腸錠   イストロン整腸錠プラス   ウェルバランスBC  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



太田胃散整腸薬の効能・効果

軟便、整腸(便通を整える)、便秘、腹部膨満感

太田胃散整腸薬の用法・用量

次の量を食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):3錠:3回
8〜14歳:2錠:3回
5〜7歳:1錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)水又はぬるま湯と一緒に服用してください。

太田胃散整腸薬の成分・分量

9錠中
ビフィズス菌 30mg
ラクトミン(ガッセリ菌) 30mg
酪酸菌 90mg
ゲンノショウコエキス 102mg (ゲンノショウコ1020mg)
アカメガシワエキス 63mg (赤芽柏504mg)
ゲンチアナ末 51mg
ビオヂアスターゼ1000 60mg
(添加物)
l-メントール、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖、無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、セルロース,還元麦芽糖水アメ

「太田胃散整腸薬」を含むQ&A

もっと見る

太田胃散整腸薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

太田胃散整腸薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)ビンの中の詰め物は錠剤が輸送中に破損するのを防ぐものですので、開封後は捨ててください。
(5)錠剤の斑点は成分によるもので、品質には問題ありません。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(7)水分の付着が変色等の原因となりますので、ぬれた手で錠剤に触れないでください。また、ぬれた手等で触れた錠剤はビンに戻さないでください。