アーススミラブ発泡錠10の効能・用量・副作用など

アーススミラブ発泡錠10の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 錠剤
製造販売会社 アース・バイオケミカル
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アーススミラブ発泡錠10の特徴

1.ピリプロキシフェン
(IGR:昆虫成長制御剤)配合
昆虫成長制御剤ピリプロキシフェンが,蚊やハエの幼虫に作用して,昆虫の出現を抑えます。
2.優れた安全性
哺乳類,魚類,その他有用動物に対する安全性が確認されている薬剤です。
3.高い拡散性
水中に処理すると炭酸ガスを発生しながら溶け,隅々まで有効成分が拡散します。

アーススミラブ発泡錠10の効能効果

蚊幼虫(ボウフラ),ハエ幼虫(ウジ)の防除

アーススミラブ発泡錠10の用法用量

蚊幼虫(ボウフラ):流水域の場合,水量1m3につき6?12錠(有効成分0.03?0.06ppm)を発生場所にそのまま投入する。静止水域の場合,水量1m3につき3錠(有効成分0.015ppm)を投入する。
ハエ幼虫(ウジ):水1Lに6?18錠を溶かし,希釈液を発生場所1m2につき1Lを散布する。
(用法関連注意)
●定められた用法及び用量を厳守すること。

アーススミラブ発泡錠10の成分分量

1錠中
ピリプロキシフェン 5mg
(添加物)
コハク酸,炭酸ナトリウム,他3成分

アーススミラブ発泡錠10の使用上の注意と副作用

注意-人体には使用しないこと
■してはいけないこと
1.薬剤を口や目に入れないこと。
2.薬剤が人体に直接触れるおそれのある場所には散布しないこと。
3.小分けしたり,水で希釈したりするときは,食品用の容器等,誤用のおそれのあるものを利用しないこと。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)本人又は家族がアレルギー体質の人
(2)薬や化粧品等によりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)身体に異常をきたした場合
(2)誤って薬剤を飲み込んだ場合
その他の注意
■その他の注意
●環境を汚染しないよう乱用を避けること。また,養殖池,井戸,地下水などを汚染するおそれのある場所や蜜蜂,蚕(桑)などに被害を及ぼすおそれのある場所では使用しないこと。
●食品,食器,おもちゃ,愛玩動物,飼料などはあらかじめ他の場所に移すか,あるいは格納し,薬剤がかからないようにすること。
●希釈の際,直接手でかき混ぜるようなことはしないこと。また,アルカリ性の下では分解しやすいので,石けん液等の混入を防ぐこと。
●希釈した液は不安定なので,その都度必要量を調製し,使い切ること。また,直射日光の下に放置しないこと。
●薬剤の投入又は希釈液の散布にあたっては,手袋,マスクなどを着け,薬剤を浴びないようにするとともに,できるだけ吸い込まないように注意すること。
●使用した後,あるいは皮ふに付いたときは,石けん水でよく洗い,口に入ったときには水でうがいをすること。目に入った場合は,直ちに水でよく洗い流すこと。
●塗装面や合成樹脂の中には,薬剤によって侵されやすいものがあるから注意すること。
●希釈や散布に用いた器材は,石けん水で洗い,よく手入れしておくこと。
●こぼした薬剤が,井戸等の飲料用水源に流入した場合には,直ちに警察又は保健所に届け出ること。
●使用済みの空容器は適切に処分すること。

アーススミラブ発泡錠10の保管上の注意

●薬剤は開封したまま放置していると,空気中の水分を吸収して発泡力がおとろえるので,使用後残った薬剤は,元の袋に戻しチャックを閉じて箱に戻した後,他のものと区別して保管すること。
●食品,食器,飼料などと区別し,小児の手の届かない乾燥した冷暗所に保管すること。

アーススミラブ発泡錠10が気になる人向けのコラム

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

膝の痛みの原因と改善方法-ウォーキングや軽い筋トレがおすすめ

安静にしていても膝が痛い、膝に熱や腫れがある、就寝時に膝を伸ばせないといったことはありませんか?
もしもこんな症状があったら、治療が必要ですから整形外科を受診してください。
そこまではいかなくても、立ち上がるときやしゃがむときなど、膝に... 続きを読む

子どもの髪にアタマジラミ急増中!頭をかゆがるときは要注意

最近、幼児や小学生の間で、アタマジラミが増えています。アタマジラミは頭髪にすみつく昆虫の一種。かっ色で体長3~4mm、頭皮から血を吸って生きています。1カ月に卵を100個くらい産み、大量に発生してくり返し吸血されると、激しいかゆみが生じま... 続きを読む

夏の旅行は蚊による感染症に注意して! 4つの命に関わる感染症

ここ数年、東南アジアなどを旅行中デング熱に感染し、帰国後に発症する人が増えています。昨年(2013年)は249人が発症し、統計をとり始めた1999年以降で最多となりました。また、熱帯地方を旅行してマラリアに感染し、帰国後発症して重症化する... 続きを読む

ジェネリック医薬品って知ってる? 効果は同じで薬代が安くなる

「ジェネリック医薬品」のことをご存じないという人は、もはやほとんどいないでしょう。「後発医薬品」とも呼ばれ、特許期限が切れた「先発医薬品」(新薬)と同じ有効成分を用いて製造され、新薬と同等の効果を獲得している薬です。新薬に比べて開発費が少... 続きを読む