ゼナ ノンカフェの効能・用量・副作用など

ゼナ ノンカフェの特徴

◆ゼナ ノンカフェは,かぜなどの発熱性消耗性疾患や,病中病後などの栄養補給にたいへん効果的なミニドリンク剤です。
◆甘草,桂皮,大棗や,ブラジル原産の強壮生薬 ムイラプアマをはじめ,計14種の生薬(原生薬として計4320mg相当)とタウリン,ビタミンを配合。
◆カフェインを配合していません。

ゼナ ノンカフェ

ゼナ ノンカフェ

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤 
製造会社 大正製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC エルシスホワイト240   DHC チアニンローヤル   DHC ヘパトレバ   DS滋養内服液C   JAセイカンゴールド内服液  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ゼナ ノンカフェの効能・効果

発熱性消耗性疾患・病中病後・肉体疲労・食欲不振・栄養障害・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質

ゼナ ノンカフェの用法・用量

次の量を服用してください。
[年令:1回量:服用回数]
大人(15才以上):1本(50mL):1日1回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は生薬成分を含むため,まれに沈でんを生じることがありますが,薬効には変わりありません。よく振ってから服用してください。

ゼナ ノンカフェの成分・分量

1本(50mL)中
カンゾウエキス 37.5mg (甘草150mg)
ショウキョウチンキ 0.6mL (生姜120mg)
ケイヒ流エキス 0.3mL (桂皮300mg)
タイソウ軟エキス 70mg (大棗230mg)
シャクヤクエキス 30mg (芍薬120mg)
ジオウエキス-A 150mg (地黄300mg)
トウキ流エキス 0.05mL (当帰50mg)
オウギ流エキス 0.3mL (黄耆300mg)
ニンジンエキスM 90mg (人参600mg)
ムイラプアマエキス-A 15mg (ムイラプアマ300mg)
ハンピチンキ 1.25mL (反鼻250mg)
ブクリョウエキス-A 9.6mg (茯苓300mg)
ロクジョウチンキ 1.08mL (鹿茸300mg)
イカリ草エキス 100mg (淫羊かく1000mg)
タウリン 500mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 5mg
ピリドキシン塩酸塩 5mg
(添加物)
白糖,パラベン,安息香酸Na,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ポビドン,クエン酸,クエン酸Na,香料,アルコール(アルコール1.45mL以下)

ゼナ ノンカフェの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:胃部不快感
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ゼナ ノンカフェの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。