ハイスミン内服液の効能・用量・副作用など

ハイスミン内服液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 滋賀県製薬
販売会社 サンドラッグ・グループ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ハイスミン内服液の効能効果

滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ハイスミン内服液の用法用量

成人(15才以上)1回1本、1日2回服用して下さい。
(用法関連注意)
●用法用量を厳守して下さい。
●配合成分により、まれに沈殿を生じることがあります。よく振って服用して下さい。

ハイスミン内服液の成分分量

1本(30mL)中
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2) 5mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 10mg
ニコチン酸アミド 30mg
タウリン 800mg
カルニチン塩化物 50mg
ニンジン乾燥エキス 50mg
カンゾウエキス 75mg
タイソウエキス 100mg
バクモンドウ流エキス 0.7mL
クコシエキス 5mg
(添加物)
白糖、D-ソルビトール、エリスリトール、クエン酸、クエン酸Na、パラベン、安息香酸ナトリウム、香料、バニリン、プロピレングリコール(アルコール0.3mL以下)

ハイスミン内服液の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後、発疹等があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この商品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この商品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
その他の注意
●配合成分のリボフラビンリン酸エステルナトリウムにより、尿が黄色になることがあります。

ハイスミン内服液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)表示の期限内に服用して下さい。

ハイスミン内服液に効果効能が似た薬

ハイスミン内服液が気になる人向けのコラム

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

セロリはダイエットだけでなく栄養も満点

セロリ
セロリのカロリーは100グラムでたったの15キロカロリーだと言われています。すなわちとても低カロリーな野菜というわけなのです。
なのに、妊婦さんに大切な葉酸などがたくさん含まれているスグレモノ。
セロリには独得の香り成分であ... 続きを読む