パンピンチオCの効能・用量・副作用など

パンピンチオCの基本情報

パンピンチオC

パンピンチオC

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 タンパク・アミノ酸主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 日本ビタミン化学
販売会社 明治薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

パンピンチオCの特徴

パンピンチオCは,アミノ酸の一種であるL-システイン及びしみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制するアスコルビン酸(ビタミンC)にパントテン酸カルシウムを配合した製剤で,しみ・そばかす・にきび・二日酔・全身倦怠に優れた効果を発揮します。

パンピンチオCの効能効果

しみ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症,全身倦怠,二日酔,にきび・湿疹・じんましん・かぶれ・くすりまけ

パンピンチオCの用法用量

次の量を服用して下さい。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15歳以上):2錠:1日3回
7歳以上15歳未満:1錠:1日3回
7歳未満:服用しない
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
(2)用法及び用量を厳守して下さい。

パンピンチオCの成分分量

6錠中
L-システイン 240mg
アスコルビン酸 300mg
パントテン酸カルシウム 24mg
(添加物)
アラビアゴム,カルナウバロウ,還元麦芽糖水アメ,ケイ酸カルシウム,サラシミツロウ,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,セラック,ゼラチン,セルロース,タルク,炭酸カルシウム,トウモロコシデンプン,白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,リン酸水素カルシウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca)

パンピンチオCの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:吐き気・嘔吐,腹痛
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

パンピンチオCの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)水分が錠剤に付きますと,錠剤表面が変色したり,亀裂を生じたりすることがありますので,ぬれた手で触ったり,水滴を落としたりしないで下さい。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するために入れてありますので,キャップをあけた後は必ず捨てて下さい。
(6)使用期限(外箱及びラベルに記載)をすぎた製品は服用しないで下さい。

パンピンチオCが気になる人向けのコラム

薬の正しい飲み方知ってる? 3つのQ%Aで確認|くすり教育スタート

小・中学校の新しい学習指導要領が、文部科学省により公示されました。注目すべき改定ポイントの1つは、中学校の「保健・体育」の項に、くすりの正しい使用教育が盛り込まれたことです。これは、生涯を通じて健康の自己管理能力や改善能力を育てることを目... 続きを読む

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む

目の下の青いクマと茶色いクマの違いとは-2種類のクマの解消法

目の下の「クマ」、気になりませんか?
若い人から年配の人まで、目の下にできる「クマ」は、病気でもないのにやつれて見えたり、老けて見えたりする原因になってしまいます。お肌のお手入れだけでは治りにくく、「とりあえずメイクで隠す」という人も多い... 続きを読む

ストレスで一気に白髪になることってあるの? 白髪に有効な食べ物

歳をとるにつれ、髪に白いものが混じり始めるのは誰にでもあること。しかしそれが、あるとき髪全体が一気に白くなってしまう、などということが起こり得るものでしょうか。
歴史的に有名なエピソードに18世紀のフランス王妃、マリーアントワネットの... 続きを読む