オリヂンP顆粒の効能・用量・副作用など

オリヂンP顆粒の基本情報

オリヂンP顆粒

オリヂンP顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 散剤
製造販売会社 ビタエックス薬品工業
販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

オリヂンP顆粒の特徴

オリヂンP顆粒は,胎盤を化学的に処理してえられる加水分解物と,乾燥させた微粉末の混合物にビタミンB1を加えた製剤であります。
豊富な蛋白質と吸収され易い各種アミノ酸,それにビタミンB1を含んでおり,滋養強壮,肉体疲労時の栄養補給などにすぐれた効果をあらわします。

オリヂンP顆粒の効能効果

15才以上:滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給。
14?3才:滋養強壮,虚弱体質,病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給,偏食児・幼小児の発育期などの栄養補給

オリヂンP顆粒の用法用量

[年令:1回量:服用回数]
15才以上:1.5g:1日3回(0.25gにしるしをつけた0.5gサジにて秤量)
11才以上15才未満:1.0g:1日3回(0.25gにしるしをつけた0.5gサジにて秤量)
7才以上11才未満:0.75g:1日3回(0.25gにしるしをつけた0.5gサジにて秤量)
3才以上7才未満:0.5g:1日3回(0.25gにしるしをつけた0.5gサジにて秤量)
3才未満:服用させないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

オリヂンP顆粒の成分分量

4.5g中
胎盤加水分解物 0.7mL
胎盤乾燥微粉末 1000mg
チアミン硝化物 15mg
(添加物)
l-メントール,バニリン,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,乳糖

オリヂンP顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:かゆみ,発疹
その他:生理異常
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

オリヂンP顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)箱に「開封年月日」を記入してください。添付文書は,箱に入れたまま保管してください。
(5)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

オリヂンP顆粒が気になる人向けのコラム

自律神経にもいいストレスフリーダイエット 低カロリー『豆もやし』

猛暑だった夏、たくさん汗をかいて、食欲も落ちてしまったのになぜか太ってしまった……。それは、外の暑さとエアコンの効いた室内との温度差により自律神経のバランスが崩れて、基礎代謝量が落ちてしまったことが原因かも。そんな「夏太り」に悩んでいる... 続きを読む

子宮筋腫のツライ症状を緩和する対症療法「薬物療法」「ホルモン療法」

子宮筋腫の完治させることはできませんが、今のツライ症状を緩和したり、筋腫を小さくしたりするのが「対処療法」。主な方法をご紹介します。 症状がひどくなければ
検診で様子を見る 子宮筋腫の対症療法について、広尾メディカルクリニック院長の... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

スポーツ選手もとっているアミノ酸を上手に活用して運動効率UP

トップアスリートなど、多くのスポーツ選手が常飲しているアミノ酸入りドリンク。アミノ酸系飲料として市販されているので私たちにもおなじみですね。
アミノ酸には、筋力、持久力を高め、運動効率をアップしてくれる作用があります。スポーツ選手にと... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む