ワコール目薬の効能・用量・副作用など

ワコール目薬の特徴

パソコン、スマートフォンの使用や車の運転等で、目を使う機会はとても多くなっています。このようなとき、「ワコール目薬」の有効成分が目に栄養を補給し、目の疲れ、目のかすみにすぐれた効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 一般点眼薬
形状 液剤 
製造会社 滋賀県製薬
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC 赤い目薬   OAリッチ目薬   V・ロート   V・ロートクール   Vロートジュニア  



ワコール目薬の効能・効果

目の疲れ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかすみ(目やにの多いときなど)

ワコール目薬の用法・用量

1回1~3滴、1日3~6回点眼して下さい。
(用法関連注意)
(1)用法用量をお守り下さい。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)容器の先をまぶた、まつ毛に触れさせないで下さい。また、混濁したものは使用しないで下さい。
(4)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないで下さい。
(5)点眼用にのみ使用して下さい。

ワコール目薬の成分・分量

100mL中
シアノコバラミン(ビタミンB12) 10mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミン6) 100mg
タウリン 300mg
(添加物)
ホウ酸、ホウ砂、塩化ベンザルコニウム、l-メントール、d-ボルネオール、ゲラニオール、プロピレングリコール

ワコール目薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
目:充血、かゆみ、はれ
3.次の場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合

ワコール目薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。特に車中・暖房器具の近く等40℃以上になる場所に放置しないで下さい。
(高温の所に放置すると、容器が変形したり品質に影響するおそれがあります。)
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)他の人と共用しないで下さい。
(5)表示の期限内にご使用下さい。
(使用期限の範囲内であっても、開封後はなるべく早くご使用下さい。)
(6)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の先やキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼ等で軽くふきとってご使用下さい。