ゴーシャン「コタロー」の効能・用量・副作用など

ゴーシャン「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 五積散
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 五積散   

ゴーシャン「コタロー」の特徴

本剤は,漢方の古典「和剤局方(わざいきょくほう)」(宋代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
ゴーシャンは,クーラーのかけ過ぎや水仕事など,生活や職場の環境または気象によって,寒冷や湿気の中に長くさらされていたことから体が冷え込み,ゾクゾクして,腰痛,神経痛,といった症状を起こした場合に用いられます。尚,冷たい飲食物もなるべく控えるようにしてください。

ゴーシャン「コタロー」の効能効果

慢性に経過し,症状の激しくない次の諸症:腰痛,神経痛,関節痛,冷え症,頭痛,感冒,月経痛,更年期障害,胃腸炎

ゴーシャン「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ゴーシャン「コタロー」の成分分量

12錠中
水製エキス 2.75g (ソウジュツ・ビャクジュツ・チンピ・ブクリョウ・ハンゲ各1g,トウキ・コウボク・シャクヤク・センキュウ・ビャクシ・キコク・キキョウ・ケイヒ・マオウ・タイソウ・カンキョウ・カンゾウ・コウブシ各0.6g)
(添加物)
結晶セルロース,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,ヒプロメロース,粉末飴,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

ゴーシャン「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位(感冒に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

ゴーシャン「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

ゴーシャン「コタロー」が気になる人向けのコラム

要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

ウイルス感染性胃腸炎とは

乳幼児に発症するウイルス感染症で、冬場に流行する乳児の下痢(げり)・嘔吐症(おうとしょう)の約80%強を占めます。突然の嘔吐や水様性の下痢便が現れた時は、この病気を疑います。
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下... 続きを読む

足のイヤな臭いの原因-臭いを元から断つ方法と靴の手入れの仕方

自分の足の不快なにおいが気になっている人、多分たくさんいるでしょうね。特にこの時期、よそのお宅を訪問するのに靴を脱がなければならないとなると、ついつい腰が引けてしまうこともあるのでは?
どうして足がにおうのか。その理由の1つは足裏には... 続きを読む

雨続きだと体調が悪くなるのはナゼ? お天気の体の関係と対処法

梅雨の時期は、肩こりや頭痛、むくみなどの身体の変調、あるいは、気分の落ち込みに悩まされる人が多いのではないでしょうか。その原因の一つといわれているのが「気象病」。低気圧が日本にとどまることで、心身に影響を与えているのです。 どうして「... 続きを読む

「クーラー冷え」を予防して、夏の体調不良を克服!【カウンセリングルームから】

連日、日本中で猛暑が続いています。自宅や職場、移動に使用する車や電車などでもクーラーが効いていて、涼しく快適に過ごせるようになっています。 とはいえ、暑い中を歩いてきた人には快適な電車でも人によっては寒く感じますし、職場は背広姿の男性... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む