マキセリン「コタロー」の効能・用量・副作用など

マキセリン「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 小青竜湯合麻杏甘石湯
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

マキセリン「コタロー」の特徴

本剤は,漢方の古典「傷寒論(しょうかんろん)」(後漢時代)収載の薬方を基本とした我が国の経験処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
ぜんそくの発作は本人はもとより,はた目にも大変つらいものです。
マキセリンは,せき込みや喘鳴(ぜんめい)(ゼイゼイいう),息切れ,呼吸困難がつよくて,口が渇(かわ)くといった場合に用いられるほか,かぜなどで強いせきや痰(たん)が出る場合にも使われます。

マキセリン「コタロー」の効能効果

気管支ぜんそく,小児ぜんそく,せき

マキセリン「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

マキセリン「コタロー」の成分分量

12錠中
水製エキス 2.6g (マオウ・キョウニン各2g,シャクヤク・カンゾウ・ケイヒ・サイシン各1.5g,ショウキョウ・ゴミシ各0.75g,ハンゲ3g,セッコウ5g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,乳糖水和物,ヒプロメロース,粉末飴,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カルナウバロウ,サラシミツロウ

マキセリン「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

マキセリン「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

マキセリン「コタロー」に効果効能が似た薬

マキセリン「コタロー」が気になる人向けのコラム

不整脈ってなに? 自覚症状はある? 不整脈があるとどうなるの?

心臓の脈の打ち方が乱れる不整脈。自分では自覚症状がないのに、人間ドッグで指摘されて初めて気づく人も多いのが現状です。治療が不要なものから、手術が必要なものまであるので、正しい知識を身につけて対処しましょう。 脈の動きがバラつくことで症... 続きを読む

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

救急車を呼ぶ前に…緊急性があるか迷ったら、相談ダイヤルを利用して

緊急性がないのに救急車を呼ぶ人が増えているそうです。そういった人が多いと本当に必要な人への到着時間が遅れることになります。救急車を呼ぶべきか迷うことがあったら相談できる窓口があるので是非、活用してください。 「眠れない」「靴ずれで足が... 続きを読む

吉田沙保里さんも…おとなの「喘息(ぜんそく)」にご用心

「霊長類最強の女」と呼ばれるレスリングの吉田沙保里さんが、喘息を発症したという報道がありました。 2015年9月の世界選手権の前からその症状が出ていたようで、どんどん病状が悪化して、ようやく12月に入って受診、判明したそうです。 スパー... 続きを読む

大人のぜんそくが増えている-激しいせきはぜんそく?8つの症状

なかなか止まらない激しいせき、呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューと鳴るのど、そして息苦しさ。このようなぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜がちょっとした刺激に過敏に反応し、気道が狭くなることで起こります。
刺激に反応した気道で... 続きを読む