ウエストンファイバーの効能・用量・副作用など

ウエストンファイバーの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 瀉下薬(下剤)
形状 散剤 
製造会社 共栄製薬
販売会社 小林薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 --
同じ分類の薬 3Aアクアマグ   3Aマグネシア   DHC アロエ便秘薬   アクアナチュラル便秘薬   アストルベン錠  



ウエストンファイバーの効能・効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常発酵,痔

ウエストンファイバーの用法・用量

1回15才以上3/4~1包,14~11才1/2~2/3,10~7才1/4~1/3,1日1~3回。
なるべく空腹時に服用
服用間隔4時間以上
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量
7才未満は服用しない
(用法関連注意)

ウエストンファイバーの成分・分量

3包(4.65g)中
プランタゴ・オバタ末 3300mg
センノシド 133mg (センノシドA・B40mg)
カンゾウ末 300mg
ヨクイニン乾燥エキス 600mg ( よく苡仁7.8g)
(添加物)
ショ糖脂肪酸エステル,結晶セルロース,アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物),D-ソルビトール,ヒドロキシプロピルセルロース,l-メントール,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,エタノール,プロピレングリコール,グリセリン,香料

ウエストンファイバーの使用上の注意と副作用

ウエストンファイバーの保管上の注意