ハイショット内服液の効能・用量・副作用など

ハイショット内服液の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮うん薬(乗物酔防止薬,つわり用薬を含む)
形状 液剤 
製造会社 共栄製薬
販売会社 杏林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 --
同じ分類の薬 アーター錠   アネロン「キャップ」   アネロン「ニスキャップ」   アネロンチュアブル   アネロン内服液  



ハイショット内服液の効能・効果

乗物酔によるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和

ハイショット内服液の用法・用量

15才以上1回1包,予防には乗車船前30分。
1日2回まで
服用間隔4時間以上
15才未満は服用しない
(用法関連注意)

ハイショット内服液の成分・分量

1包(10mL)中
クロルフェニラミンマレイン酸塩 4mg
スコポラミン臭化水素酸塩水和物 0.25mg
無水カフェイン 30mg
(添加物)
D-ソルビトール液,精製白糖,クエン酸水和物,安息香酸ナトリウム,パラオキシ安息香酸ブチル,エタノール,香料

ハイショット内服液の使用上の注意と副作用

ハイショット内服液の保管上の注意