安中散料エキス錠〔大峰〕の効能・用量・副作用など

安中散料エキス錠〔大峰〕の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 安中散
形状 錠剤 
製造会社 大峰堂薬品工業
販売会社 伸和製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」漢方安中散料エキス顆粒   「クラシエ」漢方安中散料エキス顆粒S   JPS安中散料エキス錠N   JPS漢方胃腸薬N   JPS漢方顆粒-1号  



安中散料エキス錠〔大峰〕の効能・効果

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり,胃痛又は腹痛があって,ときに胸やけ,げっぷ,食欲不振,吐き気などを伴う次の諸症:神経性胃炎,慢性胃炎,胃アトニー

安中散料エキス錠〔大峰〕の用法・用量

1回15才以上4錠,14〜7才3錠,6〜5才2錠,1日3回食前又は食間
5才未満は服用しない
(用法関連注意)

安中散料エキス錠〔大峰〕の成分・分量

12錠中
安中散料エキス 700mg (ケイヒ2g,エンゴサク・ボレイ各1.5g,ウイキョウ0.75g,シュクシャ・カンゾウ各0.5g,リョウキョウ0.25g)
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,カルメロースナトリウム(CMC-Na),セルロース,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,水酸化アルミナマグネシウム,乳糖

安中散料エキス錠〔大峰〕の使用上の注意と副作用

安中散料エキス錠〔大峰〕の保管上の注意