ウィズワンエルの効能・用量・副作用など

ウィズワンエルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 散剤
製造販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ウィズワンエルの特徴

ウィズワンエルは,食物繊維(ダイエタリーファイバー)と生薬成分に加え,腸内にまで届く乳酸菌を配合した,穏やかに作用して自然に近いお通じを促す便秘薬です。
●日常の食生活でとかく不足しがちな繊維質を補いますので,繊維不足が原因となっている便秘にも適しています。
●服用しやすいヨーグルト風味の顆粒剤です。

ウィズワンエルの効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:肌あれ,吹出物,頭重,のぼせ,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常発酵,痔

ウィズワンエルの用法用量

[用法]
1日1?3回食後に服用してください。ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):3/4?1包
11才以上15才未満:1/2?2/3包
3才以上11才未満:1/4?1/3包
3才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。
(3)コップ1杯(約180mL)の水又はぬるま湯でかまずにおのみください。
〈成分・分量に関連する注意〉
本剤の服用により,尿が黄褐色又は赤色になることがありますが,これは主成分のセンノシドによるものですから心配ありません。

ウィズワンエルの成分分量

4.8g(3包)中
プランタゴ・オバタ種皮末 3000mg
センノシド 123.08mg (センノシドA・B 48mg)
有胞子性乳酸菌 130mg
ニコチン酸アミド 5mg
(添加物)
粉末還元麦芽糖水アメ,l-メントール,香料,エチルバニリン,バニリン,グリセリン,アルファー化デンプン

ウィズワンエルの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
3.大量に服用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ウィズワンエルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,出来るだけ早く服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ウィズワンエルが気になる人向けのコラム

アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状

広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人もいるほど、本人でも気づきにくい障害です。アスペルガー症候群の症状をご紹介します。 アスペルガー症候群は、障害がわかりにくい 発達障害は、大きく「広汎性発達障害」「注... 続きを読む

ナノテクノロジー

『ナノテクノロジー=ナノテク』という言葉を最近よく耳にしますよね。テクノロジーとは、「技術」のことですが、ではナノとはどういう意味なのでしょうか?
科学ライターの佐藤銀平さんに解説をお願いしました。... 続きを読む

L-92乳酸菌

現代病の代表と言われる、アレルギーに悩まされている人に朗報が。「L-92乳酸菌」が、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和することがわかりました。 「乳酸菌というと思い浮かぶのが、ヨーグルトや乳酸菌飲料で... 続きを読む

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌とは、人や動物の腸内に多く棲む腸内細菌の一種。糖を分解して、酢酸や乳酸を作り出す働きがあります。
乳酸菌の一種と間違われがちですが、実は別の腸内細菌です。乳酸菌は腸内でビフィズス菌と比べて圧倒的に数が少なく、働き方も違うので... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む