ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)の効能・用量・副作用など

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 抑肝散加陳皮半夏
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)の特徴

本剤は,わが国古来の経験による処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
本剤の「抑肝」という名は,肝気が高ぶって怒りやすく,神経質で,俗に癇がつよいといわれるのを鎮静させるところから来ています。もとは神経が高ぶってひきつけなどを起こす小児のために創られた処方ですが,神経過敏や精神的な緊張で眠れない,あるいはイライラして落ち着かないとか,逆にうっとうしいといった方は年齢によらず用いることができます。イライラを落ち着かせ,神経を安定させる漢方薬といえます。
ちょっとした物音にびくっとしたり,臍の左に動悸や圧痛があるとか,顔などの筋肉がピクピク引きつる,睡眠中に歯ぎしりする,といった場合があるのもヨクカーンSを用いる一つの目安と考えられます。

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)の効能効果

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症,不眠症,小児夜なき,小児疳症

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)の成分分量

12錠中
水製エキス 2.3g (ハンゲ2.5g,ソウジュツ・ブクリョウ各2g,トウキ・センキュウ・チンピ・チョウトウコウ各1.5g,サイコ1g,カンゾウ0.75g)
(添加物)
結晶セルロース,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910,粉末飴,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)1ヵ月位(小児夜なきに服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)に効果効能が似た薬

ヨクカーンS「コタロー」(抑肝散加陳皮半夏エキス錠)が気になる人向けのコラム

子宮筋腫になりやすい人とは 遺伝や体質や生活習慣によって違うの?

がんになりやすい体質を表す「がん家系」という言葉があるように、子宮筋腫になりやすい体質もあるのでしょうか? 子宮筋腫になりやすい体質はありません 母親が子宮筋腫に悩んでいたから、将来自分もそうなるはず……。と心配している人が多くいま... 続きを読む

おへそを温めて便秘を改善‐おへそのツボで体質が変わる?

へそのツボを温めると腸のパワーが高まり病気知らずになれる? へそ穴の真ん中にあるツボは、温めて刺激することで大腸や小腸の働きを高め、便秘や下痢の改善効果が期待できます。 大腸や小腸の働きを高める、へそのツボ 体の中心にあるおへそ。お母... 続きを読む

韓国で見た『韓方(ハンバン)』の世界~体と心を診断する「四象体質」

梅雨に入り、じめじめとした天候が続きますが、体調はいかがですか?私は体に老廃物が溜まると、韓医学(韓方)でいう「水毒」に傾きがちな体質らしく、この季節は体がむくみがちになります。天気が悪くなると、頭痛がしたり、肩こりがひどくなることもありま... 続きを読む

遺伝子で分かる将来の病気リスク検査は現代ではあてにならない?

最近、健康な人向けの遺伝子検査サービスがインターネット通販などで簡単に購入できるようになっています。その多くは、がんや生活習慣病などの病気のかかりやすさ、太りやすさなどの遺伝的体質を調べ、病気予防やダイエットなどに役立てようというもの。 ... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む