ジェシックハップペイン-Eの効能・用量・副作用など

ジェシックハップペイン-Eの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 東光薬品工業
販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ジェシックハップペイン-Eの特徴

1.インドメタシン,ビタミンE,グリチルレチン酸配合:消炎鎮痛効果にすぐれたインドメタシンにビタミンE(トコフェロール酢酸エステル),グリチルレチン酸を配合。筋肉痛,腰痛,関節痛にすぐれた効果をあらわします。
2.強い粘着力と伸縮自在性:ひじやひざにもピッタリフィットします。
3.微香性:パップ剤特有の香りをおさえています。
4.保湿ファスナー付:保湿ファスナーがついていて,パップ剤の乾燥を防ぎます。

ジェシックハップペイン-Eの効能効果

腰痛,捻挫,筋肉痛,関節痛,打撲,肩こりに伴う肩の痛み,腱鞘炎(手・手首の痛み),肘の痛み(テニス肘等)

ジェシックハップペイン-Eの用法用量

・プラスチックフィルムをはがし,1日2回を限度として患部に貼付してください。
・15才未満の小児は使用しないでください。
(用法関連注意)
(1)本剤は,痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく,痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤ですので,症状がある場合だけ使用してください。
(2)定められた用法・用量をお守りください。
(3)汗をかいたり,患部がぬれている時は,よく拭きとってから使用してください。
(4)皮膚の弱い人は,使用前に腕の内側の皮ふの弱い個所に,1?2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。

ジェシックハップペイン-Eの成分分量

膏体100g中
インドメタシン 0.5g
酢酸トコフェロール 0.3g
グリチルレチン酸 0.05g
(1枚10×14cm2。伸縮性)
(添加物)
カオリン,酸化チタン,ポリビニルアルコール(部分けん化物),ポリアクリル酸部分中和物,カルボキシビニルポリマー,CMC-Na,D-ソルビトール,グリセリン,エデト酸Na水和物,N-メチル-2-ピロリドン,ケイ酸アルミン酸Mg,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,l-メントール

ジェシックハップペイン-Eの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2)ぜんそくを起こしたことがある人。
3)15才未満の小児。
2.次の部位には使用しないでください
1)目の周囲,粘膜等。
2)湿疹,かぶれ,傷口。
3)みずむし・たむし等又は化膿している患部。
3.連続して2週間以上使用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
1)医師の治療を受けている人。
2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
3)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,本品を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:皮膚]
症状:発疹・発赤,かゆみ,はれ,ヒリヒリ感,熱感,乾燥感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,本品を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ジェシックハップペイン-Eの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)品質保持のため,未使用分は袋に入れ,開口部のファスナーを閉めて保管してください。
(5)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

ジェシックハップペイン-Eが気になる人向けのコラム

肩が痛い、だるい時に役立つ解消法!

やっぱりツボ押しが効く!
肩コリを感じたときどんなことをしますか?

パソコン前にずっと座るなどの長時間の同一姿勢を原因にして起こりやすいのが肩こりです。
肩こりの症状や原因など - goo ヘルスケア


肩周りの筋肉が収... 続きを読む

その肩の痛み病院に行かなくてはならないかも

なぜ肩こりが起こるのか

肩こりの原因のほとんどは、姿勢の悪さや運動不足、ストレスなどふだんの生活習慣です。
肩こりの悪循環を断ち切るために - gooヘルスケア

一般的な肩こりは、生活習慣からきています。長時間同じ姿勢でいる... 続きを読む

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

子宮のはたらきとは? 女性ホルモンは妊娠にも病気にも関係してる?

1個の精子を受け入れた卵子(受精卵)を着床させ、出産までの長い時間、胎児を保護し育む部屋、それが子宮です。骨盤に囲まれた空間のほぼ中央、直腸と膀胱(ぼうこう)にはさまれ、左右を靭帯(じんたい)で支えられて浮かぶように位置しています。
... 続きを読む