サイセイン「コタロー」の効能・用量・副作用など

サイセイン「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 柴胡清肝湯
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 柴胡清肝湯   

サイセイン「コタロー」の特徴

本剤は,一貫堂・森道伯の創方による処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
近年は食生活や生活環境の変化に伴い,アレルギー性などの湿疹がなかなか治らなかったり,すぐ扁桃を腫らしてしまう小児が増えています。
サイセインは,かんの強い傾向があって上記の症状で悩んでいる小児に用いられます。

サイセイン「コタロー」の効能効果

体力中等度で,疳の強い傾向(神経過敏)にあるものの次の諸症:神経症,慢性扁桃炎,湿疹・皮膚炎,虚弱児の体質改善

サイセイン「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)服用は15歳未満のものに限ってください。

サイセイン「コタロー」の成分分量

9錠中
水製エキス 2.14g (トウキ・シャクヤク・センキュウ・ジオウ・レンギョウ・キキョウ・カロコン・ハッカ・カンゾウ・オウレン・オウゴン・オウバク・サンシシ・ゴボウシ各0.56g,サイコ0.75g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,ヒプロメロース,粉末飴,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

サイセイン「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(3)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続または増強が見られた場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談してください
下痢
4.本剤の服用により,まれに症状が進行することもありますので,このような場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談してください

サイセイン「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
(4)水分が錠剤に付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

サイセイン「コタロー」が気になる人向けのコラム

体質改善にもなる「スイミングダイエット」

スイミング
スイミングダイエットは、泳ぐことでカロリーを消費して痩せるというダイエット方法です。
スイミングは実はとてもカロリーを消費するスポーツで、同じ人が30分をーキングをした場合と30分泳いだ場合では、泳いだ方が約3倍もカロリー... 続きを読む

低体温は美容の大敵 じんわりと温かい「ホットストーン」で体質改善

冷え性、頭痛、腰痛など、女性に多い不快な症状に対して、効果があると言われるホットストーン。一般的にはスパやマッサージ店でプロに施術してもらうイメージですが、今や自宅でも気軽にできるようになりました。 低体温は健康や美容の大敵 50 年... 続きを読む

冷たいものが歯にしみる「知覚過敏症」-歯ブラシや歯ぎしりが原因

冷たいものを飲んだりうがいをすると歯にしみてズキンとする、歯ブラシがふれただけで痛いという人はいませんか?
そんなとき、むし歯かなと思って歯科医を受診すると「知覚過敏症」といわれることがあります。知覚過敏症とは、むし歯ではないのに歯がしみ... 続きを読む

家の中のカビ菌は水回りだけではない? エアコンのカビが肺炎を招く?

じめじめして蒸し暑い梅雨どき、高温多湿を好むカビにとって家の中は絶好の環境となります。カビは微生物の一種できのこや酵母など真菌類の仲間。しょうゆやみそ、酒をつくるうえで欠かせない有用なカビから、健康被害をもたらすものまで、さまざまな種類が... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む