ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)の効能・用量・副作用など

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 人参湯(理中丸)
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)の特徴

本剤は,漢方の古典「傷寒論」,「金匱要略」(いずれも後漢時代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
ニンジーナは,手足などが冷えやすく,トイレが近い,よく下痢をする方,胃腸の弱い方によく,またふだん胃腸が弱くなくても冷たい飲食物のとりすぎや,寒冷の環境でお腹を冷やして,吐いたり,下痢する場合にも用いられます。

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)の効能効果

手足などが冷えやすく,尿量が多いものの次の諸症:下痢,胃痛,嘔吐,胃アトニー,胃腸虚弱

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3錠:3回
15歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)の成分分量

9錠中
水製エキス 1.3g (ニンジン・カンゾウ・ビャクジュツ・カンキョウ各1.5g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カルナウバロウ,サラシミツロウ

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)1ヵ月位(下痢,嘔吐に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師または薬剤師に相談してください

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)に効果効能が似た薬

ニンジーナ「コタロー」(人参湯エキス錠)が気になる人向けのコラム

糖分を上手にとって中性脂肪を下げる-甘党も辛党も糖分過多かも

メタボリックシンドロームに関心が集まるなかで、糖質のとりすぎに対する注意が叫ばれています。糖質とは、三大栄養素の一つである炭水化物のうち、食物繊維を除いたもの。食事でとった糖質は、肝臓でグリコーゲンになり、エネルギーとして使われますが、使... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

和食は糖尿病やメタボも予防になる!「一汁三菜」の心得


11月14日は国連が定めた「世界糖尿病デー」です。日本でもこの日をはさんで9~15日の1週間を「全国糖尿病週間」として、糖尿病へのさまざまな啓蒙行事が全国で繰り広げられます。糖尿病対策の活動がこんなに世界規模で行われるのは、いま世界中の... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

おなかが空くとグーッと鳴るのはなぜ? 腹鳴のメカニズムと抑える方法

おなかが空いているとき、よくググーッと鳴ることがあります。腹鳴(ふくめい)といい、人前で出てしまうとちょっと恥ずかしい。自分の意思では抑えにくい腹鳴は、どうして起こるのでしょうか。
空腹で腹鳴が出るときは、胃から十二指腸、小腸にかけて... 続きを読む