ヂアトミンG錠の効能・用量・副作用など

ヂアトミンG錠の特徴

いろいろな食物からバランスよく栄養をとることは,健康の基本ですが,それには体内に取り込まれた食物が円滑に消化され,吸収されて,体に必要な栄養となることが大切です。しかし,現代の生活では食品の多様化や不規則な食事などによって,かえって栄養のバランスがとりにくくなっています。また,さまざまなストレスや疲労などが要因で食物の消化,吸収,排泄の過程がうまくいかず,不健康になりがちです。
ヂアトミンG錠は3大栄養素の消化酵素と乳酸菌の働きによって,衰えた消化・吸収作用を助け,腸の働きを整えると共にビタミンB群を補給し,さらに,日本人には不足しがちなカルシウム塩を配合した複合胃腸薬です。

ヂアトミンG錠

ヂアトミンG錠

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤 
製造会社 三宝製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 「モリ」ケンイセイチョウ薬   あい気散   アルファ大草胃腸錠   アルファ大草胃腸薬(分包)   イーガードグリーン  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ヂアトミンG錠の効能・効果

消化促進,消化不良,食欲不振,食べ過ぎ,もたれ,胸つかえ,消化不良による胃部・腹部膨満感。整腸(便通を整える),軟便,便秘

ヂアトミンG錠の用法・用量

1日3回,食後に次の量を服用してください。
[年齢:1回量]
15才以上:4錠
8才~15才未満:2錠
5才~8才未満:1錠
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ヂアトミンG錠の成分・分量

12錠中
ビオヂアスターゼ1000 48mg
プロザイム6 15mg
パンクレアチン 420mg
リパーゼAP6 60mg
ラクトミン 30mg
チアミン塩化物塩酸塩 3mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 4mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
ニコチン酸アミド 5mg
リン酸水素カルシウム 840mg
乾燥酵母 240mg
コンブ末 240mg
(添加物)
酵母,コンブ,ケイ酸アルミニウム,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム

ヂアトミンG錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ヂアトミンG錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。