アルケシクールの効能・用量・副作用など

アルケシクールの特徴

アルケシクールは,肝臓でのアルコール代謝をたすけ,つらい二日酔いやカラダのだるさを治療する,L-システインを配合した医薬品です。
★肝臓でのアルコール代謝を早め,二日酔いを治療します。
L-システインが,アルコールを分解代謝する酵素(アルコール脱水素酵素,アセトアルデヒド脱水素酵素)を活性化し,肝臓でのアルコール代謝を早め,つらい症状を治療していきます。
★二日酔いの原因物質(アセトアルデヒド)に直接はたらき症状を改善します。
L-システインは,酵素による反応以外にも,アルコールの代謝物で二日酔いの原因物質ともいわれているアセトアルデヒドと直接反応し代謝することで,アセトアルデヒドを解毒し,二日酔いのつらい症状を改善します。
★二日酔いなどからくるカラダのだるさにも効果を発揮します。
エネルギー産生に関与することで,カラダのだるさ(全身倦怠)に対しても効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 タンパク・アミノ酸主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 エスエス製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 ジーロップCホワイト   ジーロップCホワイトプラス   タイゾーンC   チュエベルホワイトCプラス   ネージュホワイト  



アルケシクールの効能・効果

二日酔。全身倦怠。しみ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症。湿疹,じんましん,かぶれ,にきび,くすりまけ

アルケシクールの用法・用量

次の1回量を1日3回服用します。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):2錠
7才〜14才:1錠
7才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)食前・食後,いずれの服用でもかまいません。
(3)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(4)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

アルケシクールの成分・分量

6錠(成人1日量)中
L-システイン 240mg
アスコルビン酸 300mg
パントテン酸カルシウム 24mg
(添加物)
無水ケイ酸,セルロース,白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),炭酸カルシウム,カルナウバロウ,ステアリン酸マグネシウム,タルク,酸化チタン,部分アルファー化デンプン,プルラン,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール

「アルケシクール」を含むQ&A

もっと見る

アルケシクールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の場合は直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
消化器:悪心・嘔吐,腹痛
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合。
2.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
下痢

アルケシクールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限をすぎたものは服用しないでください。