カミセーヌC「コタロー」の効能・用量・副作用など

カミセーヌC「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 加味逍遙散合四物湯
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

カミセーヌC「コタロー」の特徴

本剤は,漢方の古典「和剤局方(わざいきょくほう)」(宋代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
ひと昔前までは「お肌の曲がり角」などという言葉もよく使われたものですが,顔などにこまかいシミなどがあらわれて,それが悩みの種となっている方が少なくありません。またシミだけでなく,湿疹が慢性化して乾燥した状態の場合もあるようです。
これらは,ホルモンバランスの乱れ,あるいは自律神経の失調状態が絡んでいる場合が多く,そのために,生理の不調や肩こり,精神的にイライラしやすいなどの症状を伴うこともあります。
カミセーヌCは,シミに効果を発揮するばかりでなく,女性特有の症状や不定愁訴(ふていしゅうそ)の改善にも役立つ漢方薬です。

カミセーヌC「コタロー」の効能効果

体力中等度以下で,皮膚があれてかさかさし,ときに色つやが悪く,胃腸障害はなく,肩がこり,疲れやすく精神不安やいらだちなどの精神神経症状,ときにかゆみ,便秘の傾向のあるものの次の諸症:湿疹・皮膚炎,しみ,冷え症,虚弱体質,月経不順,月経困難,更年期障害,血の道症

カミセーヌC「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):5錠:3回
15歳未満7歳以上:4錠:3回
7歳未満5歳以上:3錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

カミセーヌC「コタロー」の成分分量

15錠中
水製エキス 3g (トウキ・シャクヤク・ビャクジュツ・ブクリョウ・サイコ・センキュウ・ジオウ各1.5g,ボタンピ・サンシシ各1g,カンゾウ0.75g,ショウキョウ・ハッカ各0.5g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,ヒプロメロース,アメ粉,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カルナウバロウ,サラシミツロウ

カミセーヌC「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

カミセーヌC「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

カミセーヌC「コタロー」が気になる人向けのコラム

精神的な落ち着きや血圧低下も?チョコレートの意外な効能

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、美白効果や動脈硬化の予防など、体に良いはたらきがあることが知られています。その効果を検証する大規模な実証研究が行われ、チョコレートの健康効果が明らかになりました。 血圧低下や善玉コレステ... 続きを読む

夏の肌ダメージを解消する方法-老化とシミを定着させないコツ

そろそろ秋の気配を感じるころ。暑さから解放されるとホッとしますが、それはお肌も同じです。肌は夏の間に一気に年をとるといわれます。その理由は、いわずと知れた強い紫外線をはじめ、空気汚染による酸化、エアコンによる乾燥など複数のダメージに、肌が... 続きを読む

生理のトラブルに効くツボマッサージ 自分でできるイラスト解説付き

月経痛、月経不順、月経前症候群(PMS)など、月経にかかわる不快な症状は女性にとって悩ましい問題です。初経から閉経までの長い期間に、これらの症状に悩まされることのない女性は少ないでしょう。
背中や腰、おなかのツボを使ったマッサージは、... 続きを読む

「かかりつけ医」とは? 街のお医者さん、家族の健康の相談もできる

「子どもが風邪気味」「なんだかお腹が痛い」など自分や家族が体調不良を感じたとき、どんな病院を受診していますか? 大人ならば近所の内科医、子どもならば小児科医を受診するのが一般的だと思いますが、どんなときでも診てもらえる「かかりつけ医」が... 続きを読む

美白シミ対策で逆効果な6つのNG行為|朝のフルーツやコスメ選び

夏に受けた紫外線の影響が出始めるのはこれから。肌内部に潜むシミ予備軍を撃退するためにも、正しいシミ対策でしっかりケアすることが必要です。「美白コスメも揃えたし、サプリも摂っているから私は大丈夫!」と安心している人は要注意。 すがわら皮... 続きを読む