コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)の効能・用量・副作用など

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 香蘇散
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 香蘇散   

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)の特徴

本剤は,漢方の古典「和剤局方」(宋代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
コオソニンVは,漢方でいう気剤であり,また発表剤の一つで,気をめぐらして気欝を発散させたり,発汗させる作用があり,また健胃作用をあわせてもっています。
春先や夏など,風邪気味で,高い熱はないが頭痛がして気分がすぐれないといったような時,あるいは薬で胃がもたれやすい方,老人など虚弱な方の風邪に用いられます。

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)の効能効果

胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):5錠:3回
15歳未満5歳以上:3錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)の成分分量

15錠中
水製エキス 1.583g (コウブシ2.92g,ソヨウ1.25g,チンピ2.5g,カンゾウ・ショウキョウ各0.83g)
(添加物)
結晶セルロース,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,乳糖水和物,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),粉末飴,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)に効果効能が似た薬

コオソニンV「コタロー」(香蘇散エキス錠)が気になる人向けのコラム

風邪を引きやすい人は体が冷えている? 風邪と冷えの関係|4つの改善法

体が冷えている人は風邪をひきやすい。これには、体にもともと備わっている免疫力が関係しています。冷えの改善法とともにご紹介します。 冷え性の人は免疫力が弱い傾向が 寒いところに長時間いた翌日、風邪をひいたという経験ありませんか。冷えは、... 続きを読む

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

風邪?発熱?速攻で体調を回復させる方法4選!

ツボ押しで体調回復!


風邪をひく原因は、寒さと乾燥でウイルスが活発に活動する環境となって、体の疲れや冷えで体調を崩しウイルスに対する免疫力が低下するためです。まずは、体を温めて体の抵抗力を高めましょう。風邪を引いたときには、首周... 続きを読む

風邪に似てる大人も気をつけたい溶連菌感染症

溶連菌感染症ってかかるとどうなるの
溶連菌感染症とは、色々な種類がある溶連菌に感染しておこる病気の総称であり特に問題になりやすいのがA群β型溶連菌という溶連菌です。A群β型溶連菌に感染しておこる溶連菌感染症にも様々な種類があります。
... 続きを読む

見逃さないで「妊娠超初期」のサイン

ホルモンの影響で起こる「こんな症状」

ゲスタージェン(gestagen)とは子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質の総称。
黄体ホルモン、ゲスターゲン、プロゲスターゲンとも呼ばれる。
代表的な物質としてプロゲステロンが知られている... 続きを読む