レバトーロの効能・用量・副作用など

レバトーロの特徴

レバトーロは,哺乳動物の新鮮な肝臓を加水分解して得られた肝臓水解物を主剤に,胆汁エキス,カンゾウ,ビタミンB2・B6・Eを配合した糖衣錠で,滋養強壮,胃腸障害・栄養障害・妊娠授乳期などの栄養補給に効果があります。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤 
製造会社 ゼリア新薬工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC エルシスホワイト240   DHC チアニンローヤル   DHC ヘパトレバ   DS滋養内服液C   JAセイカンゴールド内服液  



レバトーロの効能・効果

滋養強壮,胃腸障害,栄養障害・肉体疲労・病中病後・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,虚弱体質

レバトーロの用法・用量

[年齢:1回量:用法]
成人(15才以上):2錠:1日3回服用してください。
15才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量を守ってください。
(2)(錠剤の取り出し方)
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

レバトーロの成分・分量

6錠中
肝臓水解物 600mg
カンゾウ乾燥エキス 100mg
(甘草500mg)
胆汁エキス末 50mg
(胆汁665mg)
リボフラビン 12mg
塩酸ピリドキシン 12mg
酢酸トコフェロール 60mg
(添加物)
結晶セルロース,ケイ酸カルシウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸マグネシウム,アラビアゴム末,精製白糖,ゼラチン,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース2208),プルラン,硫酸カルシウム,三二酸化鉄,赤色3号,青色1号,カルナウバロウ

レバトーロの使用上の注意と副作用

■相談すること
●次の場合は,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
(2)しばらく服用しても症状の改善がみられない場合

レバトーロの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)本剤は糖衣錠ですので,水分が錠剤につくと,表面の糖衣が一部とけて,変色又はむらが生じることがありますから,ぬれた手で取扱わないようにしてください。なお,開封時等に肝臓水解物の特有なにおいを感じることがあります。