スキントールGの効能・用量・副作用など

スキントールGの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 雪の元本店
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

スキントールGの特徴

かゆみは人体になじみのない物質(異物)が体内に入った時に,体内の細胞からヒスタミンという物質が分泌され,これが神経細胞を刺激することによって起こります。湿疹と皮膚炎はこのかゆみから皮膚を掻くことで起こるもの(刺激性),特定の物質に触れることで起こるもの(接触性),飲食物等の摂取によって起こるもの(内因性)があります。
スキントールGは炎症を抑え,かゆみを止める成分が配合された,べたつきのない,さっぱりとした,使い心地のよい非ステロイド系のゼリー状軟膏です。

スキントールGの効能効果

虫さされ,かゆみ,しもやけ,じんましん,湿疹,皮膚炎,ただれ,あせも,かぶれ

スキントールGの用法用量

1日数回,適量を患部に塗擦又は塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ること。
(2)小児に使用させる場合は,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用のみに使用してください。

スキントールGの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン塩酸塩 2g
ジブカイン塩酸塩 0.3g
グリチルレチン酸 0.3g
l-メントール 5g
dl-カンフル 3g
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,マクロゴール,プロピレングリコール,ステアリン酸ポリオキシル,エタノール,ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド,パラベン

スキントールGの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)湿潤やただれのひどい人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

スキントールGの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)期限を過ぎた製品は使用しないでください。

スキントールGが気になる人向けのコラム

すい臓のはたらきとは? すい臓が分泌するホルモンの役割について

すい臓は一般にあまりなじみのない臓器の1つです。おなかの中のどのあたりにあるか、正確にいえる人は少ないのではないでしょうか。位置はみぞおちとへその間くらいの高さのところですが、体の前正面から見ると胃の裏側になり、一部は大腸からも隠れてむし... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

ラブレ菌

ラブレ菌とは、植物性乳酸菌の一種。お馴染みの乳酸菌にも、植物性と動物性があるのです。「前者は野菜や穀物を発酵させ味噌や漬物を作る乳酸菌で、後者は乳など動物性素材を発酵させヨーグルトやチーズを作る乳酸菌です。
ラブレ菌は十数年前に、京都... 続きを読む

ゼリーをダイエットに役立てよう!

ゼリー
ゼリーは、腹持ちが良く、カロリーが低めのものが多いので、ダイエットをするときに、大いに役立ってくれる、おすすめの食品です。
ダイエットだからといって、三食全部をゼリーにしてしまうのは、あまりおすすめできません。ストレスが過大に... 続きを読む