東洋の荊芥連翹湯の効能・用量・副作用など

東洋の荊芥連翹湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 荊芥連翹湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 荊芥連翹湯   

東洋の荊芥連翹湯の特徴

本剤は、「一貫堂方」に収載されている荊芥連翹湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

東洋の荊芥連翹湯の効能効果

蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび

東洋の荊芥連翹湯の用法用量

1包(1日量)につき水400mLを加えて約半量になるまで煮詰め、紙袋とともに煎じかすを取り去り、煎液を食前又は食間に2回?3回に分けて服用して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:2回?3回に分けて
15才未満7才以上:2/3量:2回?3回に分けて
7才未満4才以上:1/2量:2回?3回に分けて
4才未満2才以上:1/3量:2回?3回に分けて
2才未満:1/4量:2回?3回に分けて
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させること。
(3)用法・用量を厳守すること。

東洋の荊芥連翹湯の成分分量

1包(27g)中
トウキ 1.5g
シャクヤク 1.5g
センキュウ 1.5g
ジオウ 1.5g
オウレン 1.5g
オウゴン 1.5g
オウバク 1.5g
サンシシ 1.5g
レンギョウ 1.5g
ケイガイ 1.5g
ボウフウ 1.5g
ハッカ 1.5g
キジツ 1.5g
カンゾウ 1.5g
ビャクシ 2g
キキョウ 2g
サイコ 2g
(添加物)
なし

東洋の荊芥連翹湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用がおこりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)高齢者。
(5)次の症状のある人。:むくみ
(6)次の診断を受けた人。:高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき,発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
偽アルドステロン症:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

東洋の荊芥連翹湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので、冷暗所又は冷蔵庫等に保管し、服用時に再加熱して服用すること。

東洋の荊芥連翹湯が気になる人向けのコラム

秋はお肌の安定期-美容成分チャージと顔面ストレッチで美肌になる

食欲の秋ですね~。旬のお魚も野菜もお米もすべてに勢いがあって、それをエネルギーごといただく、という感じがします。それ以外にも、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋。体を動かしたり、知識を深めたり、感性を磨いたり。自分を磨く、実りの秋、収穫の秋... 続きを読む

めかぶを食べてすっきりお通じダイエット!

めかぶ
ダイエットに取り組む際に体内の腸内環境に気を配る人は少ないですが、人がダイエットをする場合には腸内環境をととのえてあげる必要が出てきます。

腸内環境が便秘などで悪い状態になっていると、身体の中の新陳代謝力が落ち、結果として... 続きを読む

卵かけご飯もシュークリームも…夏は「生卵」に注意! 食中毒予防法

最近、冷凍卵に出汁しょうゆをかけた「卵かけごはん」がブームになっているそうですが、すきやきをつけたり、納豆に混ぜたり、とにかく日本人はとろっとした生卵の濃厚な風味が大好き。 でも、暑くなり、食中毒が発生しやすくなるこれからの季節は、「... 続きを読む

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

体が喜ぶ健康的なモロヘイアダイエット

モロヘイヤハチミツ
モロヘイアは、夏場に出回るネバネバ成分たっぷりの濃い緑の健康野菜です。このモロヘイアには、βカロチンが多く含まれていて、ビタミンやカルシウムなど、身体に不足しがちな栄養分がたくさん含まれています。健康的にダイエットを... 続きを読む