ジーフォーL注入軟膏の効能・用量・副作用など

ジーフォーL注入軟膏の特徴

■ジーフォーL注入軟膏は…
●患部のかゆみやはれ・出血を抑えるプレドニゾロン酢酸エステルを配合しています。
●手を汚さず,直接患部に塗布及び注入できます。

ジーフォーL注入軟膏

ジーフォーL注入軟膏

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 外用痔疾用薬
形状 挿入剤 
製造会社 万協製薬
販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 DHC ジオサーマル   VV痔エース坐剤   VV痔エース軟膏   Vザックエース坐剤   Vザックエース軟膏  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ジーフォーL注入軟膏の効能・効果

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和

ジーフォーL注入軟膏の用法・用量

〈肛門内に注入する場合〉
ノズル部分を肛門内に挿入し,全量をゆっくり注入してください。
[年齢:1回使用量:1日使用回数]
成人(15才以上):1個:1~2回
15才未満:使用しないでください
〈肛門部に塗布する場合〉
次の量を肛門部に塗布してください。なお,一度塗布に使用したものは,注入には使用しないでください。
[年齢:1回使用量:1日使用回数]
成人(15才以上):適量:1~3回
15才未満:使用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児には使用させないでください。
(3)肛門部にのみ使用してください。

ジーフォーL注入軟膏の成分・分量

1個(2g)中
プレドニゾロン酢酸エステル 1mg
リドカイン 60mg
アラントイン 20mg
トコフェロール酢酸エステル 50mg
(添加物)
流動パラフィン,モノステアリン酸グリセリン,縮合リシノレイン酸ポリグリセリル,白色ワセリン

ジーフォーL注入軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)患部が化膿している人。
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感,化膿
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ジーフォーL注入軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。
(5)使用済みの容器はトイレに流さないでください。