温胆湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

温胆湯エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 温胆湯
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

温胆湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

日ごろから胃腸の働きが弱い方は,胃や体の中に水分がたまりがちです。そんな時に,イライラやストレスで熱が発生すると,たまった水分が粘り気を帯びた液体(熱痰(ねったん))に変化すると言われています。不眠や不安,イライラ,胸苦しさなどの症状はこの熱痰が原因となっています。
温胆湯エキス細粒G「コタロー」は,体の余分な水分や熱を取り除くことによって,心を落ち着かせ不安を解消し,不眠などの不快な症状を改善する薬です。

温胆湯エキス細粒G「コタロー」の効能効果

胃腸衰弱者の不眠・神経症

温胆湯エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または2.0g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.3g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.0g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.7g:3回
2歳未満:1/4包または0.5g:3回
(大入り剤に添付のサジは,すり切り一杯で0.6gです)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

温胆湯エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(6g)中
水製エキス 2.2g (ハンゲ・ブクリョウ各4.8g,チンピ2g,チクジョ1.6g,キジツ1.2g,ショウキョウ0.6g,カンゾウ0.8g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,粉末飴

温胆湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位(不眠症に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

温胆湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

温胆湯エキス細粒G「コタロー」に効果効能が似た薬

温胆湯エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

不眠の症状と、今スグ実践したい快眠のコツを徹底解明!

放っておくと恐ろしい。睡眠不足が招く悪影響
睡眠不足は、人間の体に様々な悪影響をもたらします。たかが寝不足だと放っておくと、後々大変なことに。
毎日の体調管理には、睡眠時間をキープすることは欠かせないのです。


睡眠不足や睡眠... 続きを読む

夏の寝不足の原因は暮らしの中にある? 不眠を防ぐ5つのコツ

眠れない人が増える夏。暑さだけではなく生活習慣にも原因があるかもしれません。 夏は寝つけない、眠れない、途中で起きてしまうなどの不眠になりがち。暑さだけでなく夏の生活習慣にも注意。 眠れない、寝付けない、寝ても途中で起きてしまうなどの... 続きを読む

なかなか寝付けない夜の対処法-快眠するためのポイント3つ

いま「眠れない人」が増えています。眠れない人に共通しているのは、残業などで帰宅時間が遅く、眠る時間が不規則だったり、仕事や生活で強いストレスを感じているなど、社会的な影響が強いことが特徴です。さらに眠れないことを気にしているとかえって緊張... 続きを読む

梅雨は体調を崩しやすいって本当? 自律神経の乱れが不調を招く

梅雨どきは単に気分がすっきりしないだけでなく、体調不良を起こす人も多くなるようです。この時期、雨や曇りの日は蒸し暑かったり肌寒かったりしますし、晴れれば真夏のように暑さが厳しい日もあります。短い期間で気温や気圧が大きく変化するため、その変... 続きを読む

オーソモレキュラー


「栄養療法」「分子整合栄養医学」などと訳される「オーソモレキュラー療法」。簡単にいうと、適切な栄養補給で病気や不調を治す治療法です。血液検査から診断した状態に合わせ、栄養の摂り方を医師が指導します。
「細胞は摂った栄養で作られますが、... 続きを読む