苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 苓桂朮甘湯
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 苓桂朮甘湯   

苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

本剤は,体調がすぐれず,尿量が減少するなど体内の水分代謝が円滑に行われていない(漢方でいう水毒(すいどく))方に用いられ,体のバランスを整えていく処方です。
苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」は,神経質でストレスがたまりやすく,めまいや動悸(どうき),立ちくらみがある方。また頭痛持ちで朝が弱く,ふらつきを覚える方に効果があります。

苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」の効能効果

体力中等度以下で,めまい,ふらつきがあり,ときにのぼせや動悸があるものの次の諸症:めまい,立ちくらみ,動悸,息切れ,頭痛,耳鳴り,神経症,神経過敏

苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または1.6g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.1g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または0.8g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.5g:3回
2歳未満:1/4包または0.4g:3回
(大入り剤に添付のサジは,大が1.0g,小が0.1gの計量用となっております)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(4.8g)中
苓桂朮甘湯エキス(4/5量) 1.36g (ブクリョウ4.8g,ケイヒ3.2g,ビャクジュツ2.4g,カンゾウ1.6g)
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,プルラン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

苓桂朮甘湯エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。
耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞く... 続きを読む

気功入門-3つの入門用エクササイズ|体と心の緊張を解いてリラックス

「気功」は中国古来の哲学や医学に基づく健康法。中国や台湾では太極拳のように、健康のために公園などで行われています。東洋医学では、体の中を気・血・水(き・けつ・すい)の3つが巡っていると考えます。「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」... 続きを読む

冷たいものが歯にしみる「知覚過敏症」-歯ブラシや歯ぎしりが原因

冷たいものを飲んだりうがいをすると歯にしみてズキンとする、歯ブラシがふれただけで痛いという人はいませんか?
そんなとき、むし歯かなと思って歯科医を受診すると「知覚過敏症」といわれることがあります。知覚過敏症とは、むし歯ではないのに歯がしみ... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む