アズローチの効能・用量・副作用など

アズローチの基本情報

アズローチ

アズローチ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 錠剤
製造販売会社 日新薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アズローチの効能効果

のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ,口腔内の殺菌・消毒,口臭の除去

アズローチの用法用量

次の1回量を,口中に含み,かまずにゆっくり溶かしてください。
[年齢:1回量:1日使用回数]:15歳以上:1錠:4?6回
5歳以上15歳未満:1錠:2?3回
5歳未満:使用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤はトローチ剤ですので,かみ砕いたり,のみ込んだりしないでください。
(4)本剤は5歳未満の乳幼児には使用させないでください。
(5)トローチ剤の取り出し方
トローチ剤の入っているPTPシート凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してください。
(誤ってそのままのみ込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなどの思わぬ事故につながります。)

アズローチの成分分量

1個(1.2g)中
アズレンスルホン酸ナトリウム 0.8mg
グリチルリチン酸二カリウム 2.5mg
セチルピリジニウム塩化物水和物 1mg
(添加物)
精製白糖,粉末還元麦芽糖水アメ,ポビドン,マクロゴール6000,炭酸水素ナトリウム,l-メントール,ステアリン酸カルシウム,安息香酸ベンジル,プロピレングリコール,香料

アズローチの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3. 5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この箱を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アズローチの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)アルミ袋を開封し,日数を経ると,光や熱,湿気により変色することがあります。ご使用の残りは保管方法に注意し,変色したものは使用しないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
(6)本剤に添加されているl-メントールが,温度変化等により綿状又は繊維状に析出する場合がありますが,品質には問題ありません。

アズローチが気になる人向けのコラム

口臭を引き起こす「ドライマウス」てどんな病気?

ドライマウスとは

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
口腔乾燥症(ドライマウス) - goo ヘルスケア


クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

口臭や感染症リスクがあるドライマウスの原因と対策

ドライマウスとはどんな疾患

口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう、英: Xerostomia)は、種々の原因によって唾液の分泌量が低下し口腔内が乾く、歯科疾患の一つ。ドライマウスとも呼ばれる。現在では自覚症状として口腔乾燥を訴えるすべ... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-ひどい口臭には意外な病気が

きちんと歯を磨いたはずなのに、口臭が気になることはありませんか?
多少の口臭は誰にでもあるのが普通ですが、さまざまな原因によってにおいは強くなります。
口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の細菌によるもの。口の中には、新... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-口臭の8割はお口の健康トラブル

お口の健康が全身の健康に関係があることは、よく耳にすると思います。そして、お口の健康はQOL(生活の質)の向上にも関係があります。
我々の研究では、80歳でほとんどの歯が残っている方は、93%が「何でもおいしく食べられる」、67%が「食... 続きを読む