バリアクトHi液の効能・用量・副作用など

バリアクトHi液の特徴

●テルビナフィン塩酸塩の殺真菌作用と角質浸透性により,1日1回の塗布で白癬菌を殺菌します。
●ジフェンヒドラミン塩酸塩,グリチルレチン酸が水虫,たむし等による不快なかゆみ,痛みを鎮めます。
●イソプロピルメチルフェノールが患部周辺の雑菌の発生を抑えます。
●速乾性に優れ,さらっとした使用感の液剤です。

バリアクトHi液

バリアクトHi液

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 みずむし・たむし用薬
形状 液剤 
製造会社 前田薬品工業
販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 BTプラスV8クリーム   BTプラスV8液   アウトC液   アスターG軟膏   アスター軟膏  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



バリアクトHi液の効能・効果

水虫,いんきんたむし,ぜにたむし

バリアクトHi液の用法・用量

1日1回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)外用にのみ使用してください。
(6)本剤のついた手で,目や粘膜にふれないでください。

バリアクトHi液の成分・分量

1g中
テルビナフィン塩酸塩 10mg
ジフェンヒドラミン塩酸塩 5mg
グリチルレチン酸 5mg
イソプロピルメチルフェノール 3mg
(添加物)
アジピン酸ジイソプロピル,プロピレングリコール,ラウロマクロゴール,エタノール

バリアクトHi液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の部位には使用しないでください
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等),陰のう,外陰部等。
(2)湿疹。
(3)湿潤,ただれ,亀裂や外傷のひどい患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)乳幼児。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)患部が顔面又は広範囲の人。
(6)患部が化膿している人。
(7)「湿疹」か「みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし」かがはっきりしない人。(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は,湿疹等他の原因による場合が多い。)
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:かぶれ,刺激感,熱感,鱗屑・落屑(フケ,アカのような皮膚のはがれ),ただれ,乾燥・つっぱり感,皮膚の亀裂,痛み,色素沈着,発疹・発赤*,かゆみ*,はれ*,じんましん*
*:全身に発現することもあります。
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合や,本剤の使用により症状が悪化した場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

バリアクトHi液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して立てて保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)使用済みの容器は火中に投じないでください。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。また,開封後は使用期限内であってもなるべく速やかに使用してください。
(7)本剤は合成樹脂(スチロールなど)を軟化したり,塗料・インクを溶かしたりすることがありますので,床や家具などにつかないようにしてください。