マインディ抗菌Sの効能・用量・副作用など

マインディ抗菌Sの特徴

結膜炎(はやり目),ものもらい(麦粒腫),眼瞼炎(まぶたのただれ)などの目の病気は,ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌の感染によっておこります。
マインディ抗菌Sは,これら眼病の原因になる細菌に有効なサルファ剤をはじめ4種の有効成分を配合した点眼薬です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 抗菌性点眼薬
形状 液剤 
製造会社 佐賀製薬
販売会社 京都薬品ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アイブルー抗菌目薬α   アイメディック抗菌目薬   アスパライト抗菌目薬   アニッシュ抗菌   エーゼット抗菌目薬  



マインディ抗菌Sの効能・効果

結膜炎(はやり目),ものもらい,眼瞼炎(まぶたのただれ),目のかゆみ

マインディ抗菌Sの用法・用量

1回2~3滴,1日3~6回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないでください。また,混濁したものは使用しないでください。
(3)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(4)点眼用にのみ使用してください。

マインディ抗菌Sの成分・分量

1mL中
スルファメトキサゾールナトリウム 40mg
グリチルリチン酸二カリウム 2mg
イプシロン-アミノカプロン酸 10mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 2mg
(添加物)
ホウ酸,ホウ砂,チオ硫酸ナトリウム水和物,エデト酸ナトリウム水和物

マインディ抗菌Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は,使用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人または家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
(2)3~4日間使用しても症状がよくならない場合

マインディ抗菌Sの保管上の注意