タイガーバームスティックNの効能・用量・副作用など

タイガーバームスティックNの基本情報

タイガーバームスティックN

タイガーバームスティックN

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 龍角散
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

タイガーバームスティックNの特徴

タイガーバームスティックNはシンガポール虎豹兄弟国際有限会社で開発され,100年以上にもわたりアジアを中心に世界70余国で愛用されている外用消炎鎮痛剤タイガーバームをスティックタイプにしたものです。
スティックタイプなので,手を汚さず,患部に塗ると天然生薬の成分が皮膚からすみやかに吸収されて,血行を促進し,筋肉の疲れ,痛み,肩のこりなどに効果をあらわします。ベトつかずサラッとした使用感と清涼感が特長です。

タイガーバームスティックNの効能効果

腰痛,打撲,捻挫,肩こり,関節痛,筋肉痛,筋肉疲労,しもやけ,骨折痛

タイガーバームスティックNの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布又は塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)容器が直接患部に当たらないように,容器の中の薬剤を3?4mm出してから使用してください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(5)外用のみに使用してください。
(6)皮膚の弱い人は,使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,少量を塗り半日以上たっても発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。
(7)薬剤底部の受け皿が見え,ガタつくようになったら本剤の使用をやめてください。また,受け皿に残った薬剤は無理に使用しないでください。

タイガーバームスティックNの成分分量

100g中
d-カンフル 24.9g
ハッカ油 15.9g
ユーカリ油 12.9g
l-メントール 8g
チョウジ油 1.5g
(添加物)
ステアリン酸ナトリウム,グリセリン,プロピレングリコール,八アセチルショ糖,エタノール,ステアリン酸グリセリン

タイガーバームスティックNの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

タイガーバームスティックNの保管上の注意

(1)本品を火気に近づけないでください。また,使用後は火中に投じないでください。
(2)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(3)車の中や暖房器具の近くなど高温となる場所に放置しないでください。
(4)小児の手の届かない所に保管してください。
(5)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)。
(6)揮発性がありますので,使用後はキャップをきちんと閉めて,外気にふれないようにしてください。
(7)合成樹脂,塗料(家具,塗装床,アクセサリー等),化繊,絹,皮革等に付着すると変色又は変質する場合がありますのでご注意ください。
(8)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

タイガーバームスティックNに効果効能が似た薬

タイガーバームスティックNが気になる人向けのコラム

超高齢社会を迎えて-長寿が喜びになる社会、健康と生きがいが大切

日本は現在、世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えています。2011年版『高齢社会白書』によると、2010年10月1日時点で、65歳以上の高齢者人口は2,958万人で、総人口に占める割合を示す高齢化率は23.1%。このうち、75歳... 続きを読む

クロレラ

クロレラは、湖や池で見られる緑色のプランクトンで藻の一種。1890年に発見され、ギリシャ語の緑(chloros=クロロス)と、ラテン語の小さい(ella=エラ)というコトバを組み合わせて「クロレラ」という名前になりました。 「地球の誕生時... 続きを読む

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

海外で治療を受ける-メディカルツーリズム、日本は遅れぎみ?

最近「メディカルツーリズム Medical Tourism」という言葉を耳にするようになりました。しかし、その内容が正しく理解されているとは、まだいえないのではないでしょうか。日本では「医療観光」と訳されることがあるため、観光旅行のついで... 続きを読む

子宮頸がんの予防に向けた世界の動き-日本の受診率は欧米より低い

11月は「子宮頸がん征圧月間」にあたり、子宮頸がんの予防啓発の普及に向けたイベントが全国各地で開催されます。子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの接種と定期的な子宮頸がん検診によって、ほぼ100%予防が可能です。
日... 続きを読む